モイラ・シアラー : ウィキペディア(Wikipedia)

モイラ・シアラー(Moira Shearer, Lady Kennedy, 1926年1月17日 - 2006年1月31日)は、スコットランドのバレエダンサー・女優。

略歴

ファイフのダンファームリンで生まれる。本名はモイラ・シアラー・キング(Moira Shearer King)。1941年にデビューし、翌年からサドラーズ・ウェルズ・バレエ団(現ロイヤル・バレエ団)に在籍した。

モイラ・シアラーの名前を世界へ知らしめたのは、イギリス映画『赤い靴』への出演がきっかけであった。

1950年、スコットランドのジャーナリスト・作家のと結婚した。夫との間には1男3女が生まれ、幸福な結婚生活を全うする。

1953年、バレエダンサーを引退した。俳優を続けるが、年齢とともにバレエ評論などに軸足を移していき、『デイリー・テレグラフ』誌に執筆もしていた。

2006年、オックスフォードの病院で病没したObituary in New York Times, 2 Feb. 2006。

映画出演作品

公開年邦題原題役名備考
1948 赤い靴The Red Shoes ヴィクトリア・ペイジ
1952 ホフマン物語The Tales of Hoffman ステラ/オリンピア
1953 三つの恋の物語The Story of Three Loves ポーラ・ウッドワード
1955 彩られし幻想曲The Man Who Loved Redheads シルヴィア/ダフネ/オルガ/コレット
1960 血を吸うカメラPeeping Tom ヴィヴィアン
1961 ブラック・タイツ1-2-3-4 ou Les Collants noirs ロクサナ

参照

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/11/23 23:12 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「モイラ・シアラー」の人物情報へ