監督・齊藤工×主演・窪田正孝「スイート・マイホーム」特報&ティザービジュアル披露 「家」を取り巻く恐怖の連鎖を描く

2023年3月8日 05:00


ティザービジュアル
ティザービジュアル

齊藤工が監督、窪田正孝が主演を務める「スイート・マイホーム」の特報ティザービジュアルが披露された。

本作は、2018年の第13回小説現代新人賞を受賞した神津凛子(かみづ・りんこ)氏の同名デビュー作(講談社文庫刊)を映画化するもの。映画やドラマで俳優として活躍する一方、監督、プロデュース業でも多彩な才能を発揮している齊藤がメガホンをとり、ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」で共演した窪田が、奇妙な事件に巻き込まれていく主人公・清沢賢二を演じる。そのほか、蓮佛美沙子奈緒窪塚洋介中島歩里々佳松角洋平根岸季衣が共演。脚本は、斎藤が主演を務めた「零落」(3月17日公開)でもタッグを組んだ倉持裕が担当した。

冬が厳しい長野で、スポーツインストラクターとして働く賢二は、「まほうの家」と謳われた一軒のモデルハウスに心を奪われる。寒がりの妻と娘のために、「たった一台のエアコンで家中を隅々まで暖められる」というその家を建てようと決心する賢二。新居が完成し、家族にふたり目の娘も加わり、一家は幸せの絶頂にいた。しかし、その家に越した直後から、奇妙な出来事が起こり始める。まとわりつくような何かの気配。赤ん坊の瞳に映る恐ろしい影。地下に捕らわれ、泣き叫ぶ娘。次第に明かされる、秘められた過去――「家」を取り巻く恐怖の連鎖は家族だけに留まらず、関係者の怪死などに波及し始め、予想を超えた衝撃の結末に向けて加速していく。

映像は、窪田扮する賢二が、雪が降りしきる中、家族が待つはずのマイホームに切迫した表情で向かうシーンから始まる。家に忍び寄る怪しい影、険しい表情でモニターを覗き込む賢二、林に放置された死体、目を塞ぐ少女。印象的なカットが目まぐるしく映し出されるとともに、ティザービジュアルでも使われている「この『家』には何かがある」というコピーと、映像の最後に流れる「アイツらに見つかったら終わりだからな」という男のセリフが、多くの謎を予感させる。

ティザービジュアルは、地下室へと続く扉に佇む賢二の姿を切り取ったデザイン。「この『家』には何かがある」というコピー以外にも、「さっき、家の中に誰かがいたんだよ」「お前、本当に何も見えていないのか」「まさに理想のご家族です」といった言葉が添えられ、想像力を掻き立てる。

スイート・マイホーム」は、9月公開。

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「日曜アニメ劇場」3週連続で「ルパン三世」TVスペシャル放送 「このすば」金崎貴臣監督作も

    1

    「日曜アニメ劇場」3週連続で「ルパン三世」TVスペシャル放送 「このすば」金崎貴臣監督作も

    2024年5月25日 11:00
  2. 【今夜第6話放送】「東京タワー」松田元太とMEGUMIに修羅場到来! 松田主演のスピンオフドラマも地上波初放送

    2

    【今夜第6話放送】「東京タワー」松田元太とMEGUMIに修羅場到来! 松田主演のスピンオフドラマも地上波初放送

    2024年5月25日 06:00
  3. 高橋ひかる「世にも奇妙な物語」に初参戦で初主演! 「小さい頃からずっと見ていた番組」と意欲満々

    3

    高橋ひかる「世にも奇妙な物語」に初参戦で初主演! 「小さい頃からずっと見ていた番組」と意欲満々

    2024年5月25日 05:30
  4. 【「帰ってきた あぶない刑事」評論】“常識”を打ち破ってきた刑事ドラマのアイコンが放ち続けるあぶない魅力

    4

    【「帰ってきた あぶない刑事」評論】“常識”を打ち破ってきた刑事ドラマのアイコンが放ち続けるあぶない魅力

    2024年5月25日 13:00
  5. 杉咲花、萩原利久、豊原功補、安田顕が体現する“葛藤” 「朽ちないサクラ」キャラクター映像公開

    5

    杉咲花、萩原利久、豊原功補、安田顕が体現する“葛藤” 「朽ちないサクラ」キャラクター映像公開

    2024年5月25日 12:00

今週