「聖女の魔力は万能です」メインキャスト発表 石川由依、櫻井孝宏ら出演

2021年1月31日 16:00

石川由依が演じるセイ
石川由依が演じるセイ

橘由華氏の人気ライトノベルをテレビアニメ化する「聖女の魔力は万能です」のメインキャストが決定し、石川由依櫻井孝宏江口拓也小林裕介八代拓の出演が明らかになった。

同作は、仕事中毒な20代会社員・小鳥遊(たかなし)聖/セイが、“聖女”として異世界に召喚されてしまったことからはじまる“異世界スローライフ”を描く。王宮を飛び出し、薬用植物研究所で一般人として働くことになったセイは、ポーションづくりや魔力の使い方を学んでいくなか、聖女の能力でポーションは効能5割増しとなり、瀕死だった騎士団長・アルベルトの命が救われたことから、セイへの“聖女疑惑”が浮上する。原作小説は第6巻、藤小豆氏によるコミカライズは第5巻までリリースされており、亜尾あぐ氏によるスピンオフ「聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~」も「ComicWalker」で連載中。

“聖女召喚の儀”で突然異世界に訪れたセイ役を石川が務め、櫻井は彼女に助けられた王宮第三騎士団の団長で、クールな外見と氷属性魔法の使い手であることから多くの女性たちから「氷の騎士様」と呼ばれるアルベルト・ホークを担当。江口は薬用植物研究所の所長であるヨハン・ヴァルテック、小林は宮廷魔道師団の師団長ユーリ・ドレヴェス、八代はヨハンとともに研究所で働く研究員で、セイの教育係でもあるジュードを演じる。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース