中川大志&清原果耶、劇場アニメ「ジョゼと虎と魚たち」にW主演! 主題歌入り特報完成

2020年8月13日 04:00

新公開日は12月25日に決定
新公開日は12月25日に決定

[映画.com ニュース] 芥川賞作家・田辺聖子氏の代表作を劇場アニメ化する「ジョゼと虎と魚たち」の声優キャストが発表され、中川大志清原果耶がダブル主演を務め、宮本侑芽興津和幸、Lynn、松寺千恵美が参加していることがわかった。あわせて、新公開日が12月25日に決定し、主題歌入りの特報映像もお披露目された。

2003年、妻夫木聡池脇千鶴が主演し、犬童一心監督によって実写映画化された「ジョゼと虎と魚たち」。趣味の絵と本と想像のなかで“自分の世界”を生きる車椅子のジョゼは、自分の夢を追いかける大学生・恒夫との出会いをきっかけに、外の世界へ飛び出すことを決意。互いへの理解を深めながら前に進む2人の姿を、楽しさと切なさ、痛みと喜びを交えて描き出す。劇場アニメ版のメガホンをとるのは、タムラコータロー。桑村さや香が脚本、飯塚晴子がキャラクターデザイン・総作画監督、キャラクター原案を絵本奈央、ボンズがアニメーション制作を担当している。

宮本侑芽、興津和幸、Lynn、松寺千恵美も参加決定!
宮本侑芽、興津和幸、Lynn、松寺千恵美も参加決定!

中川が息吹を注ぐのは、留学する夢のためにアルバイトに勤しむ大学生・恒夫。「恒夫を演じていけばいく程、僕はジョゼが愛おしくて堪らなくなりました。ジョゼと出逢って、見慣れたはずの景色がこんなにもカラフルに見えるなんて。お客様にも、ジョゼと恒夫と共に、劇場でその景色を観て頂ければ嬉しいです」と語っている。

一方、ジョゼ役の清原は「出会うべくして出会ったような、そんな2人が手を取り合って新しい世界へ飛び出すお話です。ジョゼを演じると聞いた時、とても嬉しく思った事を覚えています。慣れない演技に足踏みをしたりしましたが監督が丁寧に指導して下さり、中川さんが雰囲気を引っ張って下さったお陰で無事に撮り終えることが出来ました」と述懐。そのほか、宮本は恒夫がバイトしているダイビングショップの後輩・二ノ宮舞役、興津は恒夫と同い年のバイト先の友人・松浦隼人役、Lynnは図書館の司書・岸本花菜役、松寺はジョゼの祖母・山村チヅ役を担当している。

Eveによる主題歌「蒼のワルツ」が流れる特報は、「お前は今日から管理人や」と言い放ち、さまざまな命令を下すジョゼ、彼女に対して不満一杯の恒夫のコミカルなやり取りが展開。後半には、人魚のような姿になって自由に泳ぎ回るジョゼの映像とともに「ええなぁ、お前は好きな場所に行けて」という内面を吐露するようなセリフも登場する。また「欲しいものに手を伸ばすのがどれだけ怖いことか…」という恒夫の言葉も挿入され、2人の関係性や行く先が気になる内容となっている。

ジョゼと虎と魚たち」は、12月25日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース