「バウハウス 100年映画祭」8月8日から東京で再開催 新作ドキュメンタリー1本を追加

2020年7月3日 11:00

昨年誕生100周年を迎えたバウハウスを特集
昨年誕生100周年を迎えたバウハウスを特集

[映画.com ニュース]昨年誕生100周年を迎えたバウハウスを特集し、日本初上映のバウハウス関連映画を集めた「バウハウス 100年映画祭」が、8月8日~28日に東京都写真美術館ホールで再開催される。

7月17日から東京ステーションギャラリーにて開催される巡回展「開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―」の会期にあわせての企画。今回は昨年から上映している6作品に加え、バウハウスのマイスター、ラースロー・モホイ=ナジにフォーカスした新作ドキュメンタリー「ニュー・バウハウス」が追加プログラムとして上映される。

モダニズムのパイオニアとして、建築、デザイン、アート、写真など広範な分野で世界に衝撃と感動をもたらしたバウハウス。パウル・クレー、バシリー・カンディンスキー、ヨハネス・イッテン、ラースロー・モホイ=ナジ、ハンネス・マイヤーらが集い、ヨゼフ・アルバース、マルセル・ブロイヤー、マックス・ビルといった名だたる才能を生み出したバウハウスは、フランク・ロイド・ライト、ル・コルビュジエと並ぶ近代建築の巨匠、バルター・グロピウスが1919年に創設。そして三代目校長はもう一人の近代建築の巨匠ミース・ファン・デル・ローエが務めた。学校はこれまでになかった独自の教育システムを作り上げ、様々な芸術分野に革新をもたらしたが、ナチスの迫害を受け、わずか14年間の活動でその幕を閉じ伝説となった。

「ニュー・バウハウス」の一場面
「ニュー・バウハウス」の一場面

▼上映作品は以下の通り
合計7作品を5プログラム構成にて上映
A「バウハウス 原形と神話」 B「バウハウス・スピリット」「バウハウスの女性たち
C「ミース・オン・シーン」「ファグスーグロピウスと近代建築の胎動」 D「マックス・ビルー絶対的な視点」 E「ニュー・バウハウス」

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「マスカレード・ナイト」公開記念 謎解きを楽しめるおすすめ邦画ミステリー6選 【映画.comシネマStyle】

    1

    「マスカレード・ナイト」公開記念 謎解きを楽しめるおすすめ邦画ミステリー6選 【映画.comシネマStyle】

    2021年9月19日 10:00
  2. ディズニー「ホーンテッドマンション」映画化にオーウェン・ウィルソン

    2

    ディズニー「ホーンテッドマンション」映画化にオーウェン・ウィルソン

    2021年9月19日 12:00
  3. 原爆から生き延びた体験を映像で再現 被爆2世が父の実話を米国で映画化「8時15分ヒロシマ 父から娘へ」美甘章子氏に聞く

    3

    原爆から生き延びた体験を映像で再現 被爆2世が父の実話を米国で映画化「8時15分ヒロシマ 父から娘へ」美甘章子氏に聞く

    2021年9月19日 08:00
  4. ヨルゴス・ランティモス監督×エマ・ストーン主演の新作にクリストファー・アボット

    4

    ヨルゴス・ランティモス監督×エマ・ストーン主演の新作にクリストファー・アボット

    2021年9月19日 14:00
  5. 【「カラミティ」評論】色面で塗り分けられた美しい世界で躍動する、自由を求める少女

    5

    【「カラミティ」評論】色面で塗り分けられた美しい世界で躍動する、自由を求める少女

    2021年9月19日 16:00

今週