米シネコン3位の最高経営責任者、7月に劇場再開の見通しを発表

2020年4月20日 10:00

米シネコンチェーン3位のシネマーク最高経営責任者が今後の見通しを説明
米シネコンチェーン3位のシネマーク最高経営責任者が今後の見通しを説明

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの影響でアメリカ全土の映画館が閉鎖されているなか、米シネコンチェーン大手のトップが7月にも営業を再開するとの見通しを明らかにした。米ハリウッド・レポーターが報じている。

米シネコンチェーンで3位のシェアを誇るシネマークのマーク・ゾラディ最高経営責任者は、株主・投資家向けの電話説明会で、営業再開への見通しについて「正常に戻るまでには、政府が定める定員に合わせた互い違いにした座席提供や、営業時間の短縮、社会的距離の確保、集会に対する消費者の不安解消などへの対応のために数カ月かかるかもしれません」と前置きしたうえで、6月から営業を再開し、旧作上映で自宅待機に慣れた観客に少しずつ劇場に引き戻す戦略を明かした。

そして、クリストファー・ノーラン監督の最新作「TENET テネット」が全米公開される7月17日には、フル稼働に漕ぎ着ける計画だという。

その後は、「ムーラン」や「ワンダーウーマン 1984」といった注目作の全米公開が控えている。ただし、これは新型コロナウイルスの感染拡大がピークを越えて、各州が自宅待機命令を解除しなければ、絵に描いた餅にすぎない。今後の情勢次第といえそうだ。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ワンダーウーマン 1984(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 吐きだめの悪魔
  • アタック・オブ・ザ・キラートマト
  • リターン・オブ・ザ・キラートマト
  • ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人
  • ファンタズム
  • マッドボンバー
  • 血みどろの入江
  • バスケットケース
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ザ・クレイジーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com