米ゴールデングローブ賞がルール変更 新型コロナウイルスの感染拡大を受け

2020年3月31日 18:00

4月30日までの暫定的措置だが状況によって期間延長も
4月30日までの暫定的措置だが状況によって期間延長も

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ゴールデングローブ賞の出品資格が変更になったことが明らかになった。

映画作品をゴールデングローブ賞に出品するためには、同賞を審査するハリウッド外国人記者協会(HFPA)に所属する会員向けに、米ロサンゼルスで試写会を実施しなくてはならないことになっている。

同協会はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防のため一時的にルールを変更。試写を実施しなくても、DVDかオンラインの視聴リンクを提供すれば出品できることになった。4月30日までの暫定的措置で、状況によっては期間を延長するという。

一方、アカデミー賞は選考対象となるためにはロサンゼルス郡で7日間連続で商業上映されなければいけないというルールが存在する。だが、全米のほぼすべての映画館が閉鎖された現状が長引けば、多くの作品が対象外となってしまう。同賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、対策を検討中だという。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース