Netflix、新型コロナの影響でSXSWへの不参加を決定

2020年3月6日 19:00

続々と不参加を表明
続々と不参加を表明

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、ストリーミング大手のNetflixが、米テキサス・オースティンで3月13日(現地時間)から開催されるテックと映画と音楽の祭典、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)への不参加を決定した。

テキサスでは、3月5日時点で14例の新型コロナウイルス感染が報告されている。

米バラエティによれば、Netflixは長編映画「Uncorked」、ドキュメンタリー映画「A Secret Love」「LA Originals」「ムーチョ・ムーチョ・アモール: カリスマ占星術師ウォルター・メルカド」「Have a Good Trip:Adventures in Psychedelics」と、ドラマシリーズ「#BlackExcellence」のパネルをキャンセルした。

SXSWは開催される予定だが、NetflixのほかApple、米アマゾン・スタジオ、Facebook、Twitter、TikTok、Mashable、インテル、米Starzなど企業が続々と不参加を表明している。Starzの親会社である米ライオンズゲートは撤退こそしないものの、ライオンズゲートホームエンタテインメントの映画「The Quarry」「Arkansas」の上映のみを予定通り行い、ゲストやスタッフの派遣はしないという。

(映画.com速報)

関連ニュース