少女×中古バイクの青春ストーリー「スーパーカブ」アニメ化企画進行中

2019年11月26日 07:00

アニメ版線画設定が公開
アニメ版線画設定が公開

[映画.com ニュース] トネ・コーケン氏の小説「スーパーカブ」(KADOKAWA刊)のアニメ化企画が進行していることが判明した。主人公の女子高生・小熊を描いた、アニメ版線画設定も公開されている。

原作は、山梨に住むひとりぼっちの小熊が、1950年代から長きにわたって親しまれ「世界で一番優れたバイク」とうたわれるスーパーカブを中古で手に入れたことをきっかけに、同級生の礼子らと知り合い、自身の価値観を広げていく日常と友情の青春物語。小熊が友人たちとともに、卒業旅行として東京を訪れる最新第6巻は12月1日発売で、「コミックNewtype」ではコミカライズ(既刊3巻)も連載中。

アニメ版メインスタッフは、監督に「BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の藤井俊郎を迎え、シリーズ構成と脚本を「マクロスΔ」の根元歳三、キャラクターデザインを「ガーリー・エアフォース」の今西亨が担当する。アニメーション制作は、ゴンゾから一部作品の制作事業、知的財産権などを引き継いだスタジオKAIが行う。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース