舞台「鬼滅の刃」佐々木喜英が演じる鬼の絶対的支配者・鬼舞辻無惨のソロビジュアル公開

2019年11月13日 07:00

ソロビジュアルが公開
ソロビジュアルが公開

[映画.com ニュース] 舞台「鬼滅の刃」に登場する、主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう/演:小林亮太)の仇敵である鬼の絶対的支配者・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)のソロビジュアルが公開された。無惨役の佐々木喜英が洋装に身を包み、赤い瞳を輝かせる妖しげなショットとなっている。これをもって、メインキャラクター総勢9人のビジュアルがすべて発表され、スマホアプリ「少年ジャンプ+」ではアナザーショットも公開中だ。

公演に向け、佐々木は「大好きなアニメの、大好きなキャラクターを演じさせていただくことを、とてもうれしく思います。『鬼滅の刃』の世界を舞台上に再現してみせますので、ぜひ劇場へお越しください!」と舞台の仕上がりに自信をのぞかせている。

舞台「鬼滅の刃」は、2020年1月18~26日に東京・天王洲銀河劇場、1月31日~2月2日に兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobeで上演。チケット価格はS席9800円、A席7800円(税込み)で、11月17日まで「少年ジャンプ+」で「週刊少年ジャンプ」定期購読者を対象とした最速先行販売が行われる。一般販売は12月14日にスタート。

同作は「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の吾峠呼世晴氏による人気漫画の舞台化。大正時代を舞台に、心優しき少年・炭治郎が、家族を殺した“鬼”を討ち、鬼へと変貌した妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために、政府非公式の組織「鬼殺隊」に入り、鬼狩りの道を突き進んでいく姿を描く。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【国内映画ランキング】「TENET テネット」V2、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」も2位キープ 新作「ミッドナイトスワン」「映像研」がランクイン

    1

    【国内映画ランキング】「TENET テネット」V2、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」も2位キープ 新作「ミッドナイトスワン」「映像研」がランクイン

    2020年9月29日 10:00
  2. 写真家ヘルムート・ニュートンの撮影の舞台裏に迫るドキュメンタリー「ヘルムート・ニュートンと12人の女たち」

    2

    写真家ヘルムート・ニュートンの撮影の舞台裏に迫るドキュメンタリー「ヘルムート・ニュートンと12人の女たち」

    2020年9月29日 06:00
  3. 星野源、“しらふの小栗旬”と初対面!? 「一気に好きになりました」と語る相思相愛ぶりが明らかに

    3

    星野源、“しらふの小栗旬”と初対面!? 「一気に好きになりました」と語る相思相愛ぶりが明らかに

    2020年9月29日 19:40
  4. 知らない側面が見えても揺るがない――芦田愛菜が「星の子」で感じた“信じる”ことの意味

    4

    知らない側面が見えても揺るがない――芦田愛菜が「星の子」で感じた“信じる”ことの意味

    2020年9月29日 09:00
  5. 森七菜のもぐもぐが止まらない! 「461個のおべんとう」インタビュー映像公開

    5

    森七菜のもぐもぐが止まらない! 「461個のおべんとう」インタビュー映像公開

    2020年9月29日 07:00

今週