供給ルートを探せ! 大麻を合法化したウルグアイ、大統領からの極秘指令描く映画が公開

2019年7月17日 15:00

主演・監督のダニー・ブレックナーがZoomでトーク
主演・監督のダニー・ブレックナーがZoomでトーク

[映画.com ニュース] 大麻の合法化という世界初の政策から生じた問題を解決するため、ある極秘ミッションを遂行する親子の奮闘を描くウルグアイ映画「ハッパGoGo 大統領極秘指令」が、7月13日から東京・K's cinemaで公開中だ。

大麻合法化案が議会で承認された南米の小国ウルグアイ。世界初となるこの試みに、当時の大統領ホセ・ムヒカは「密輸業者を打倒するための実験だ」と、1グラム1ドルで薬局での大麻販売を発表する。しかし、ウルグアイ国内に大麻がないことに気づき、国民の不満が爆発していることに危機感を覚えた大統領は、薬局を営むアルフレドと母をアメリカに送り、大麻50トンの入手を命ずる…というコメディ。

公開初日13日、来日予定だった主演・監督のダニー・ブレックナーが家族の急病でロスに足止めされ、Zoomでトークイベントに臨んだ。「真面目なテーマである大麻を笑いで描いてみたかった」と今作のテーマを語るブレックナー。ドキュメンタリー風に撮影された、迫真に迫る取り引きシーンについて質問されると「売人の周辺にいるような人たちに出演をお願いしました。映画はコメディですので、違法なことは何もしていません。密輸には関わっていないです」と会場を沸かせる。

ホセ・ムヒカ元大統領が本人役で友情出演
ホセ・ムヒカ元大統領が本人役で友情出演

ウルグアイ国内の大麻合法化への反応については「いまだに賛否両論、この映画に出てくる“ウルグアイ合法大麻会議所”代表として、世界の大麻がどうなるかわからないけれど、医療大麻は、拡がっていくと思う」と回答した。

また今作には、質素な暮らしぶりから「世界でもっとも貧しい大統領」として話題となったホセ・ムヒカが本人役で友情出演している。「ムヒカ元大統領との出演交渉は、非常に複雑で詳細は秘密。彼のユーモアのセンスと寛大さに感謝している」と締めくくった。同作は、全国でも順次公開される。

(映画.com速報)

関連ニュース