「血界戦線」百瀬朔、岩永洋昭、猪野広樹ら出演で11月に舞台化 ビジュアル完成

2019年6月7日 06:00

舞台「血界戦線」第1弾キービジュアル
舞台「血界戦線」第1弾キービジュアル

[映画.com ニュース] 内藤泰弘氏の漫画「血界戦線」の舞台化が決定し、公演日程、スタッフ、キャスト、第1弾キービジュアルが一挙発表された。脚本・演出は、映画化もされた舞台「ONLY SILVER FISH」などを手がけた劇団「AND ENDLESS」主宰の西田大輔が担当。百瀬朔岩永洋昭猪野広樹らが出演する。

シリーズ累計発行部数440万部を超える同名原作は、2008年に「ジャンプSQ.」(集英社刊)で連載がスタートし、現在は「ジャンプSQ.RISE」でセカンドシーズン「血界戦線 Back 2 Back」が連載中。15年に「血界戦線」、17年に「血界戦線 & BEYOND」としてテレビアニメ化もされた。濃い霧の向こうに広がる異世界と現世を繋ぐ街「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、街の均衡を守る秘密結社「ライブラ」の構成員たちの戦いを描く。

キャストは、ライブラに所属する青年レオナルド・ウォッチ役を百瀬、ライブラのリーダーであるクラウス・V・ラインヘルツ役を岩永、剣術「斗流血法(ひきつぼしりゅうけっぽう)・カグツチ」の使い手ザップ・レンフロ役を猪野が演じ、スティーブン・A・スターフェイズ役を久保田秀敏、チェイン・皇(すめらぎ)役を長尾寧音、ツェッド・オブライエン役を伊藤澄也が担当。K・K役を安藤彩華、ギルベルト・F・アルトシュタイン役を萩野崇、デルドロ・ブローディ&ドグ・ハマー役を川上将大が担う。

東京公演は天王洲銀河劇場で11月2~10日、大阪公演は11月14~17日に上演。チケットに関する詳細は後日発表される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース