ジョセフ・ゴードン=レビット主演のハイジャックスリラー「7500」をアマゾンが獲得 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月22日 > ジョセフ・ゴードン=レビット主演のハイジャックスリラー「7500」をアマゾンが獲得
メニュー

ジョセフ・ゴードン=レビット主演のハイジャックスリラー「7500」をアマゾンが獲得

2019年5月22日 11:00

ジョセフ・ゴードン=レビット「7500」

ジョセフ・ゴードン=レビット
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米アマゾン・スタジオが、ジョセフ・ゴードン=レビット主演の新作「7500(原題)」の世界配給権(ドイツ、スイス、オーストリアを除く)を争奪戦の末に獲得したと米バラエティが報じた。

ドイツ人のパトリック・ボールラスが監督・脚本を務めた本作は、ゴードン=レビット演じる副操縦士の飛行機がテロリストたちにハイジャックされるというスリラー。タイトルの「7500」はハイジャックされた際、パイロットが犯人にバレないよう航空管制官に伝える緊急信号を意味する。

2015年の「Everything Will Be Okay(原題)」でアカデミー賞短編映画賞にノミネートされたボールラス監督の長編デビュー作で、17年秋からドイツのケルン、オーストリアのウィーンで撮影が行われた。ジョナス・カッツェンスタイン、マクシミリアン・レオがプロデュースしている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報