古今東西、あの名作映画のイラストがずらり!「宮崎祐治の仕事」展開催

2019年4月29日 08:00

「海街diary」(「鎌倉映画地図」より、2017年)
「海街diary」(「鎌倉映画地図」より、2017年)

[映画.com ニュース] 東京・京橋の国立映画アーカイブで、企画展「キネマ旬報創刊100年記念 映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事」が開催中だ。

2019年に創刊100年を迎える映画誌キネマ旬報を中心に、テレビのCMや番組のディレクターという本業の傍ら、40年以上にわたって数多くの映画雑誌やポスター、書籍の装丁などに携わった映画イラストレーターの宮崎祐治氏。ユニークな感性でデフォルメされた国内外、新旧の映画人たちの似顔絵や映画の1シーンを描いたほか、ディレクター経験が活かされた撮影現場のルポルタージュや、土地と映画のかかわりを丹念に調査してまとめた「映画地図」では他の追随を許さない境地を見せている。

展覧会では、初期ポスターや未発表作品も交え、イラスト原画約100点を中心に紹介。会場を「『映画街路図』とともに」「映画館の仕事」「映画地図の仕事」「映画カレンダーの仕事」「映画イラストレーション アトランダム」の5セクションに分け、宮崎氏の偉業を振り返る。

会期中は、宮崎氏をはじめ、ゲストによるトークイベントが予定されている。詳細は国立映画アーカイブの公式サイトで告知する。展示は8月25日まで。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

  • 『アニー・ホール』 (「CINEMA CALENDAR 2005」より)
  • ジョン・フォードとジョン・ウェイン(「CALENDAR 1996 CINEMA 101 DIRECTORS」より)
  • 『ダーティハリー』のクリント・イーストウッド(2018年)
  • 『昼顔』のカトリーヌ・ドヌーヴ(2018年)
  • 『シザーハンズ』(「CINEMA CALENDAR 2006」より)
  • 『おくりびと』(「CINEMA CALENDAR 2010」より)
  • 『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』(「CINEMA CALENDAR 2006」より)
  • 「CALENDAR 1995: CINEMA 100」より5月(コダック、1994年)
  • 「東京映画地図 ㊻巣鴨」[一部](「キネマ旬報」2015年3月上旬号)
  • 「映画街路図93」[一部](「キネマ旬報」1994年2月下旬号)
  • 左:「映画イヤーブック1995」表紙(江藤努編、社会思想社、1995年) 右:「映画ガイドブック2001」表紙(原田雅昭・進藤良彦編、筑摩書房、2001年)
  • 文芸坐・文芸地下劇場「第7回陽のあたらない名画祭」ポスター(1980年)

関連ニュース