「この音とまれ!」舞台化決定 主演に「テニミュ」の財木琢磨 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月21日 > 「この音とまれ!」舞台化決定 主演に「テニミュ」の財木琢磨
メニュー

「この音とまれ!」舞台化決定 主演に「テニミュ」の財木琢磨

2019年4月21日 07:00

和楽器の箏を題材に、高校生たちの青春を描く

和楽器の箏を題材に、高校生たちの青春を描く
(C)アミュー/集英社・舞台「この音とまれ!」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「ジャンプSQ.」(集英社刊)で連載されているアミュー氏の音楽漫画「この音とまれ!」の舞台化が決定した。

原作は、和楽器の箏(こと)を題材に、高校生たちの青春を描く物語。時瀬高校の箏曲(そうきょく)部でひとりになってしまった部長・倉田武蔵のもとに、主人公の不良少年・久遠愛(くどおちか)とその友人たち、そして天才的な箏の腕前を持つ鳳月さとわが現れる。分割2クールでのテレビアニメ化も決定しており、第1クールが放送中、第2クールが10~12月に放送予定。

舞台版では、ミュージカル「『テニスの王子様』3rdシーズン」の手塚国光役で知られる財木琢磨が、主人公の愛を演じる。財木は「学生時代、あの頃一生懸命になってたものを思い出しながら、原作の役に入り込み、僕が感じたこの作品の良さを皆様にお伝えできればと思ってます」と意気込みを語っている。また、倉田役を「Live Performance Stage『チア男子!!』」の古田一紀、さとわ役を舞台「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE STAGE」の田中日奈子が務める。演出と脚本は舞台「ノラガミ-神と絆-」「『DIVE!!』The STAGE!!」などを手がけた伊勢直弘が担当する。

舞台「この音とまれ!」は、8月17日~25日に東京・全労災ホール/スペース・ゼロ、9月7、8日に福岡・ももちパレス、9月14、15日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。チケットは、イープラスで最速先行受け付けを4月21日午後11時59分まで行っており、価格は非売品グッズ付きのプレミアムシートが1万1000円、一般席が8800円(いずれも税込み)。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報