「キンプリ」斉藤壮馬、質問されすぎて動揺 内田雄馬は五十嵐雅の“暴走”にアタフタ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月25日 > 「キンプリ」斉藤壮馬、質問されすぎて動揺 内田雄馬は五十嵐雅の“暴走”にアタフタ
メニュー

「キンプリ」斉藤壮馬、質問されすぎて動揺 内田雄馬は五十嵐雅の“暴走”にアタフタ

2019年3月25日 15:30

「キンプリ」エーデルローズのキャストが結集!「KING OF PRISM Shiny Seven Stars II カケル×ジョージ×ミナト」

「キンプリ」エーデルローズのキャストが結集!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメ「KING OF PRISM」シリーズの新作「KING OF PRISM Shiny Seven Stars」のスペシャルイベントが3月24日、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2019」で行われた。キャストの寺島惇太(一条シン役)、斉藤壮馬(太刀花ユキノジョウ役)、畠中祐(香賀美タイガ役) 八代拓(十王院カケル役)、五十嵐雅(鷹梁ミナト役)、永塚拓馬(西園寺レオ役)、内田雄馬(涼野ユウ役)がステージに登壇した。

プリズムスタァに憧れる個性豊かな少年たちが、女性たちを最もときめかせる“プリズムキング”を目指し、試練や困難に立ち向かう姿を描く本シリーズ。テレビシリーズ(全12話)と劇場版(全4編)の2形態で展開する新作「Shiny Seven Stars」は、一条シンらプリズムスタァ候補生を主人公に据え、プリズムショーの世界にバトルを融合させた新たなストーリーが紡がれる。

劇場版第1章「プロローグ×ユキノジョウ×タイガ」でスポットが当たった斉藤は、「新章に入り、オバレ(OverTheRainbow)の皆さんの思いを受け継ぎ、『自分たちでしっかり歩んでいくんだ』という思いを背負っていくなかで、ユキノジョウが先に(プリズムジャンプを)飛ぶっていうのが……。だから中途半端なことはできないと思いました。ここからみんなにバトンをつないでいくということを全力でやらなければいけないと感じていました」と今作に込めた思いを明かす。

斉藤の熱弁に場内は感動ムードに包まれたが、五十嵐が「伝わってきたよ!」と前のめりで同調し、興奮のあまり「1発目のジャンプからドーン!」と叫びだすと、一転して笑いが沸き起こる。「いちファンとしては本当にうれしかった!」と“暴走”を続ける五十嵐が、「なあ雄馬」と内田にからみだすと、内田は「やめろよ! 巻き込むな、俺を!!」とたじろいていた。

五十嵐の激しいラブコールに「あ、ありがとうございます」と戸惑い気味の斉藤だったが、イベント終盤にも動揺する場面がみられた。司会から「斎藤さん、新章はエーデルローズの7人が主役です。とうとうスポットライトがあたる時がきましたがいかがですか?」「あらためて新章のみどころは?」などと、他のキャストよりも多く質問を投げかけられたため、「今日は、割と僕に(話が)ふられるような(笑)」と吐露。斎藤が困惑するなか、共演陣は「場に適したコメントができるからだよ」とフォローしていた。

「KING OF PRISM Shiny Seven Stars」は、テレビアニメ版がテレビ東京ほかで4月8日から放送開始。テレビシリーズを3話ずつまとめた全4編の劇場版は、第2章「II カケル×ジョージ×ミナト」が公開中で、第3章「III レオ×ユウ×アレク」が4月13日、第4章「IV ルヰ×シン×Unknown」が5月4日に封切られる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報