ノリで農業を始めた若者は福島で何を思う? 若手実力派・吉村界人主演作、予告編お披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月20日 > ノリで農業を始めた若者は福島で何を思う? 若手実力派・吉村界人主演作、予告編お披露目
メニュー

ノリで農業を始めた若者は福島で何を思う? 若手実力派・吉村界人主演作、予告編お披露目

2019年2月20日 18:00

3月2日から全国で順次公開「ハッピーアイランド」

3月2日から全国で順次公開
(C)ExPerson2019
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手実力俳優・吉村界人が主演した映画「ハッピーアイランド」の予告編が、このほど披露された。ノリで福島での農業を始めた若者(吉村)が、きつい仕事に耐え切れずに何度も逃げ出そうとするが、東日本大震災と原発事故の爪あとや農家の現実を目の当たりにし、少しずつ心境を変えていく模様をとらえている。

福島県出身の新鋭・渡邉裕也監督が、東日本大震災後もたくましく農業を営んだ祖父の姿をベースに描いた今作。東京に住む23歳の真也(吉村)は、仕事を転々とする中途半端な日々を送っていた。ある日、知人からの紹介がきっかけで、福島の農家を手伝うことに。「寒い」「朝が早い」「つらい」農作業に嫌気がさし、逃げ出そうとしていた真也だったが、震災で妻を亡くした農家・正雄(萩原聖人)や、保育士・里沙(大後寿々花)と出会い、徐々に仕事にやりがいを見出していく。

渡邉監督の故郷であり、ロケ地にもなった福島・須賀川市でのオフショットも披露。エキストラとして参加した市民と、大いに心を通わせた吉村は、映画の公開に向け「公開させて頂けること、すごく嬉しい限りです。この映画は過去の天災へのお涙頂戴ではなく、未来があるから信念を曲げない大人たちの話です。泣いてばかりの東京人が成長できました」と思いがにじむコメントを寄せている。

ハッピーアイランド」は、3月2日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国順次公開。福島でも、8日から県内4劇場で封切られる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報