ケリー・ワシントン主演のブロードウェイ舞台をNetflixが映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月10日 > ケリー・ワシントン主演のブロードウェイ舞台をNetflixが映画化
メニュー

ケリー・ワシントン主演のブロードウェイ舞台をNetflixが映画化

2019年2月10日 16:00

ケリー・ワシントン

ケリー・ワシントン
Photo by Steve Granitz/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1月27日に閉幕するブロードウェイ舞台「American Son(原題)」を、Netflixが映画化することがわかった。

ブース劇場で上演中の舞台に主演しているケリー・ワシントンが、トーク番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」で明らかにしたもの。米Deadlineによれば、劇作家クリストファー・デモス=ブラウンが執筆した「American Son(原題)」は、黒人の母と白人の父がフロリダの警察署で久しぶりに再会し、行方不明になったティーンエイジャーの息子を探す物語。舞台はワシントン、ションダ・ライムズジェイダ・ピンケット・スミスらがプロデュースし、批評家から絶賛評を集めている。

ワシントンと共演しているスティーブン・パスクールジェレミー・ジョーダン、ユージーン・リーらオリジナルキャストが映画版でも同じ役柄を演じ、演出を手がけているケニー・レオン監督(「ア・レーズン・イン・ザ・サン」でトニー賞受賞)が引き続きメガホンをとる。映画版は2月にニューヨークでクランクインの予定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報