サイレント日常系漫画「女子かう生」TVアニメ化決定 立花理香、嶺内ともみ、久保ユリカ出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月10日 > サイレント日常系漫画「女子かう生」TVアニメ化決定 立花理香、嶺内ともみ、久保ユリカ出演
メニュー

サイレント日常系漫画「女子かう生」TVアニメ化決定 立花理香、嶺内ともみ、久保ユリカ出演

2019年2月10日 07:00

4月から放送を開始

4月から放送を開始
(C)若井ケン/双葉社・
「女子かう生」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若井ケン氏が「WEBコミックアクション」で連載中の漫画「女子かう生」のテレビアニメ化が決定した。4月から放送を開始する。あわせて、メインキャラクターの富戸(ふと)もも子、渋沢しぶ美、古井(こい)まゆみの女子高生3人の下校風景を描いたキービジュアルが公開。アニメ版公式サイトと公式Twitterもオープンしている。

同作は、いつも元気だが、天然なところがあるもも子、幼なじみでクールなしぶ美、眉毛が特徴的な転入生の古井まゆみらが過ごす高校生活を描く日常系コメディ作品。原作は基本的に全編セリフなしで展開するが、アニメ版ではメインキャストが発表され、もも子役を「ソラとウミのアイダ」の立花理香、渋沢しぶ美役を「スロウスタート」の嶺内ともみ、古井まゆみ役を「ラブライブ!」の久保ユリカが演じる。

立花は「言葉がなくても伝わる3人の仲のよさや、ほっこりとした雰囲気を大切にして演じていきたいと思います」、嶺内は「初めて原作を見た時に、セリフがないのに、なんとなくどんな会話をしているのか色々想像できるのがすごい……! と思いました。音無しで映画を見ているような……遠くから第三者として見ているような…不思議な感覚になりました」、古井は「アニメ化をして、アフレコの時には声優としていったいどこまで表現して行けるのかな? と考えると、それだけで色々と想像や妄想ができて楽しみです」と、作品に挑む心境をそれぞれに語った。

スタッフは、監督とシリーズ構成を「京都寺町三条のホームズ」の佐々木勅嘉が兼任。キャラクターデザインを「魔法少女サイト」で演出ほかを務めた山本恭平、アニメーション制作を「森田さんは無口。」のアニメーションスタジオ・セブンが担当する。

原作者・若井ケン氏からのお祝いイラストとコメントも公開された。同氏は「動くもも子たちが画面で見れること本当に楽しみです! サイレント漫画がアニメになったらどうなるのか、そして、もも子たちはしゃべるのか! みなさんの反応を見ることも楽しみにしています!」と期待を語っている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報