野村萬斎&香川照之、まさかの“チュー”!? 「七つの会議」で激しい口論の応酬 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月16日 > 野村萬斎&香川照之、まさかの“チュー”!? 「七つの会議」で激しい口論の応酬
メニュー

野村萬斎&香川照之、まさかの“チュー”!? 「七つの会議」で激しい口論の応酬

2019年1月16日 20:30

香川照之がエネルギッシュに見どころをアピール!「七つの会議」

香川照之がエネルギッシュに見どころをアピール!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・池井戸潤氏の企業犯罪小説を映画化した「七つの会議」の完成披露試写会が1月16日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演した狂言師で俳優の野村萬斎をはじめ、共演の香川照之及川光博音尾琢真藤森慎吾朝倉あき吉田羊世良公則鹿賀丈史北大路欣也、メガホンをとった福澤克雄監督が出席した。

「結果が全て」という考え方が続く中堅メーカー・東京建電で“パワハラ騒動”が起き、会社員たちの人生が揺らいでいくさまを描く。ぐうたら社員と揶揄される主人公・八角に扮した萬斎は、「やさぐれたおじさんの悲哀を出すために、猫背を勉強した。普段、姿勢がよすぎると言われるので」とポツリ。これに営業部長役の香川は「萬斎さんは、重心が決まったらピシッと動かない」と感嘆の声を漏らしたが、及川は「萬斎さんは、鳥で例えるとハシビロコウ。ずっと動かないから」と独特の感性で場内を沸かせた。

さらに香川は、見どころを「会議というと静かなイメージがあるけど、映画では荒々しい、『ここまで言うか』ということが前半からフルスロットルで展開する」と説明。続けて、身ぶり手ぶりを交え「『大企業の上層部でやられる会議はそういうものか?』と聞いたら、監督は『そうだ。もしかすると映画よりも激しい』と。『台本の通りにいっていいのか』『いい』と言うので、みなさんが見たい“香川照之の演技”をそのまましています」とエネルギッシュに話し、観客に「『また香川照之がやってるな』と笑ってください」と呼びかけていた。

一方で「(大先輩だらけのため)スクリーンのなかでは、僕でも若手と言われるくらい」と明かし、中堅メーカーの営業部長という役どころについては「北大路さん演じる徳山を頂点とした組織のピラミッドからすると、僕はゴミのように扱われる。北大路さんの前では、僕なんか借りてきた猫。どうしても出向させられそうな気がして怖い」と悲哀たっぷりに述べる。香川とは劇中で激しい口論を交わした萬斎は、「香川さんとは『チューできるなあ』というくらい顔を近づけますから」とキス寸前まで額を突き合わせ、「予告編でも出ていたかもしれませんが、そのシーンの迫力は楽しみどころじゃないかと思います」と笑っていた。

また女性陣には「男性陣のなかで誰を上司にしたい?」との質問が飛び、吉田は「香川さん。おしゃべりが過ぎますが(笑)、努力家でマニアックですから、1を聞いたら5000くらい返ってきそう。いろんな話がしたいです。昆虫のこと以外で」と答えていた。「七つの会議」は、2月1日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報