ビゴ・モーテンセン、失言を猛省&謝罪 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月12日 > ビゴ・モーテンセン、失言を猛省&謝罪
メニュー

ビゴ・モーテンセン、失言を猛省&謝罪

2018年11月12日 12:00

ビゴ・モーテンセン「グリーンブック」

ビゴ・モーテンセン
Steve Russell/Toronto Star via Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優のビゴ・モーテンセンが、主演最新作「グリーン・ブック(原題)」の上映イベントで、黒人に対する差別用語として絶対的タブーとされている“Nワード”を口にし猛批判を浴びた件に関し、声明を通じて公式に謝罪した。

トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞を受賞したことで、今年度の賞レースの注目作へと躍り出た「グリーン・ブック」。人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ扮する黒人ジャズピアニストと白人運転手(モーテンセン)の2人が繰り広げる旅を描いている。

米ロサンゼルスのアークライト・ハリウッドで11月7日(現地時間)、フィルム・インディペンデント主催の上映イベントが行われ、メガホンをとったピーター・ファレリー監督、共演のアリと揃って出席したモーテンセン。本編上映後の質疑応答で現代アメリカにおける人種問題に触れ、「例えば今では、もう誰も“ニガー”なんて言葉は使わないよね」と発言し、会場を凍りつかせた。

モーテンセンはイベントから2日経った9日、米ハリウッド・レポーターに宛てた声明で「あの言葉を用いたのは、映画の舞台となる1962年当時、人々が普通にNワードを使っていたという背景を語るうえでのこと。人種差別に対して声高に反対するのが私の意図だったとは言え、あの言葉をフルで、それも白人が口にすれば、どれだけ多くの人を深く傷つけるかということまでは思い至りませんでした。あの言葉をフルで使用したことを深くお詫びするとともに、今後二度と口にしないと誓います」と陳謝した。

一方でアリは、モーテンセンの謝罪文に応える形で自らも声明を発表。「知的な議論における悪意のない発言だとわかってはいるが、Nワードは使うべきじゃなかった。でもビゴはすぐに過ちに気づいて、イベントが終わったあと何度も謝ってくれたし、Nワードを使わないからと言って、その人が人種差別主義者ではない、もしくは差別的思考を抱いていないとは限らないという事実を指摘するのが彼の意図だったと理解できた。ビゴの謝罪を心から受け入れる」と寛容な態度を示したうえで、「ビゴの鋭く的を得たコメントが、あの一語で台なしになってしまったのはとても残念なこと。差別と偏見、迫害と暴力に満ちた、この国における黒人の歴史を象徴する“あの言葉”は、過去のものとして葬り去るべきだ」と強く訴えた。

グリーン・ブック(原題)」は、19年3月から東京TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(映画.com速報)
ムーンライト Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ムーンライト Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,681 マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描いたヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi