加藤雅也、奈良愛を語る 天理市でロケ「二階堂家物語」お披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月21日 > 加藤雅也、奈良愛を語る 天理市でロケ「二階堂家物語」お披露目
メニュー

加藤雅也、奈良愛を語る 天理市でロケ「二階堂家物語」お披露目

2018年9月21日 04:00

主演・加藤雅也をはじめ熱烈アピール「二階堂家物語」

主演・加藤雅也をはじめ熱烈アピール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「なら国際映画祭」の映画製作プロジェクト「NARAtive(ナラティブ)」から誕生した「二階堂家物語」(来年1月25日公開)が9月20日、奈良・奈良県文化会館でワールドプレミア上映され、主演の加藤雅也石橋静河町田啓太田中要次白川和子ら主要キャストが登壇。上映後にはスタンディングオーベーションで迎えられた。

監督は、2015年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・期待すべき新人賞を受賞したイランの女性監督アイダ・パナハンデ氏。中東の女性が直面する問題を描く長編デビュー作「NAHID(ナヒード)」が「なら国際映画祭2016」で最高賞の「ゴールデンSHIKA賞」を受賞し、奈良を舞台にした映画を製作する権利を獲得した。2017年10月、奈良県天理市でロケ。跡継ぎ問題に悩む親子三世代の葛藤を描いた。

まったく知らない異国の地で、文化の違いや言葉の壁に悩みながらも完成させたパナハンデ監督は「奈良でワールドプレミアできることを光栄に思います。特に(映画祭のエグゼクティブディレクターで、本作のエグゼクティブプロデューサーを務めた)河瀬直美さんには感謝を捧げたい。河瀬さんのサポートなしでは作れなかった。キャスト、スタッフにも感謝したい。イランから来た監督には越えられない壁もあって、苦労しましたが、みなさんの情熱で、いい作品になったのではないか、と思います。私だけの映画ではなく、奈良、天理市、みんなの映画になりました」と挨拶した。

跡取り息子の問題に悩む主人公・辰也を演じた加藤は「僕はバリバリの奈良生まれの奈良育ちなんです。具体的に言うと、飛鳥小学校、春日中学校、奈良高校なんです」と言うと、会場からは拍手。「めっちゃ地元なんですが、(映画祭は)10年もやっていているのに知らなかった。2年前に初めて知ったんです。河瀬直美さんが東京に来るというので、会いに行ったんです。『河瀬さん、僕、奈良の人間ですよ』と言うと、『知っている』と。『なら、なんで奈良の映画に出えへんのですか?』と言ったんです。オーディションに行くと、イランの監督が使ってくれたです」と奈良弁で出演経緯を説明した。

なら国際映画祭についても「こんなに大きな映画祭があるなら、協力したい。僕は今年デビュー30年で、奈良の映画に出ることができた。イランのペルシャはシルクロードの出発点で、奈良は終点なんです。これは縁だと思う。文化の発祥の地・奈良で、映画祭がこの先何十年も続けられるように、サポートをしたい」と地元愛を熱く語った。「ほんま、奈良の感じがせえへんよ、という人も、映画を見てもらったら、めちゃくちゃ奈良に溶け込んでいることが分かる」と力を込めていた。

イランの女性監督の情熱に応えた共演者も出来栄えには手応えを感じていた。娘役の石橋は「アイダ監督が日本の天理という場所で、個人的な家族の物語を描きました。強い意志があったから完成したんだなと思います。そんな監督のかっこいい姿に応えたいと思いながら、参加しました」。主人公の母親役の白川は「長年、女優業をやってきましたが、(イラン監督との)こういう出会いがあるんだな、と思いました。この年になると、新たに出会う人たちは、そうたくさんはいません。(映画で出会った)みなさんは私の財産です」と誇らしげに語った。

2年前のなら国際映画祭には短編映画の監督として参加した田中は「投げ銭上映という形で参加させていただいたので、クロージングを見たら、華やか。メインステージに上がりたいと思っていました。そのグランプリ監督の作品に参加できて、地道に役者をやってきてよかったです」。その田中の息子役の町田は「映画祭に参加する経験がなく、ドキドキしています。僕は群馬の田舎育ちだったので、天理の田舎で撮らせていただいたのがうれしかった。いい匂いを感じてもらえると思う」と話した。

「なら国際映画祭2018」は9月24日まで開催。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報