ドラマ「下町ロケット」続編、吉川晃司も続投!財前道生部長に再び生命注ぐ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月18日 > ドラマ「下町ロケット」続編、吉川晃司も続投!財前道生部長に再び生命注ぐ
メニュー

ドラマ「下町ロケット」続編、吉川晃司も続投!財前道生部長に再び生命注ぐ

2018年8月18日 10:00

“蘭心竹生”で撮影に挑む吉川晃司

“蘭心竹生”で撮影に挑む吉川晃司
(C)TBS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2015年に制作され好評を博したTBSドラマ「下町ロケット」の続編に、吉川晃司が出演していることがわかった。主人公・佃航平(阿部寛)の盟友である、帝国重工宇宙航空開発部の部長・財前道生役で続投。大企業のなかで自身の生き方を貫く役どころに、再び生命を注ぎ込む。

池井戸潤氏による小説「下町ロケット」シリーズを再びドラマ化。今回はシリーズ第3弾「下町ロケット ゴースト」を題材にし、度重なる困難を切り抜けてきた町工場「佃製作所」が、またしても予期せぬトラブルにより窮地に陥っていく。バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告など、次々に起こる絶体絶命のピンチを切り抜けるため、社長・佃が意外な決断を下す。

前作でTBSドラマ初出演を果たし、圧倒的な存在感を放った吉川。演じる財前は、純国産ロケット開発計画を実現させた後、今回は一転して窮地に立たされ、さまざまな壁にぶち当たっていくという設定だ。吉川は「財前部長は、常に真っ直ぐにして華やかなキャラクターですから、『蘭心竹生』(華やかな心を持ち、真っ直ぐに生きるという意味)を旨に、いっそうしなやかであれ、と」とコメントを寄せている。

プロデューサーの伊與田英徳氏は、「『下町ロケット』シリーズは、吉川さん演じる財前なしには始まりません」と語る。そのうえで「圧倒的な存在感と冷静ななかにも情熱溢れる財前に、私もこんな上司がいたらいいなと憧れるほどでした」といい、「今作でも、シリーズ開始早々からさまざまな壁に阻まれ、窮地に立たされる財前ですが、吉川さんにどのように演じていただけるのか、とても楽しみです」と大きな期待を寄せている。

ドラマ「下町ロケット」は、ほか土屋太鳳竹内涼真立川談春安田顕らが共演。10月期から毎週日曜午後9時にTBS系で放送される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi