トム・クルーズ、猛暑を吹き飛ばす“1時間のファンサービス”「本当にいい人生」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月18日 > トム・クルーズ、猛暑を吹き飛ばす“1時間のファンサービス”「本当にいい人生」
メニュー

トム・クルーズ、猛暑を吹き飛ばす“1時間のファンサービス”「本当にいい人生」

2018年7月18日 20:39

23度目の来日となったトム・クルーズ「ミッション:インポッシブル フォールアウト」

23度目の来日となったトム・クルーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気スパイアクションシリーズ最新作「ミッション:インポッシブル フォールアウト」のジャパンプレミアイベントが7月18日、東京ミッドタウン日比谷で行われ、来日中のトム・クルーズサイモン・ペッグヘンリー・カビルクリストファー・マッカリー監督が出席した。

この日は日本中が猛暑に見舞われ、観客約1000人が詰めかけた屋外会場もすさまじい熱気。そんななかクルーズがレッドカーペットに姿を現し、カビルらも続々と登場すると、ファンエリアから大きな歓声が上がった。

そしてテレビカメラの取材を終えたクルーズは、颯爽とファンエリアの前に移動。猛暑のなか、ペッグら3人とともに1時間以上をかけて端から端まで練り歩き、サインや写真撮影など熱心にファンサービスを敢行した。疲れた表情を一切見せず、終始笑顔を振りまいたクルーズの“神対応”に、観客は熱狂の声援を送っていた。

23度目の来日となったクルーズは「とても暑いけれど、温かい歓迎をありがとう! 絶対に忘れません! これが東京、日本。みなさん、大好きです!」と声を張り、「ベストを尽くしてみなさんのためにつくった映画です」と真心込めて明かす。そして胸に手を当てながら、「日本に23回。信じられない! 初めて来たときのことを覚えています。離れるのが寂しかった。エレガントな文化を持つこの国に来られて、本当にいい人生を選べています」と感激の面持ちで語った。

さらにクルーズから「初来日だっけ?」と問いかけられたカビルは、「いやいや、君を上回るくらい日本好きだよ!」と切り返し、「例えばマッカリー監督作品で、日本で撮影はどうだろうか。もちろん主演はトム・クルーズ。まあ、サイモンにも一言声をかけようか」とおどけてみせる。ペッグは「私がトムのスタントをすべてやっています。マスクをかぶって」とジョークを飛ばしつつ、「また東京に戻ってこられた。日本のすべてが好きだ! この熱気のなか、皆さんの忍耐力、応援に感謝しています」と目を細めていた。

また今作も、クルーズによる命がけのスタントが目白押し。マッカリー監督は「前作『ローグ・ネイション』の飛行機にトムがつかまるシーンは、僕が冗談で言っていたこと。トムは真剣にとって『やってみるよ』。ジョークは今後、気をつけないと」と吹き出し、「今回はロンドン中を走るシーンが出てきますが、初日にトムが足を骨折したんです。その後のロンドンでのチェイスシーンは、骨折した足で、皆さんのために走っています。そのことを思い出して、トムが右足に力を入れた瞬間『アウチ!』と思ってください」と呼びかけていた。

イベントが終了し、一同は舞台から降壇。しかし数秒後に再び登壇し、クルーズはマッカリー監督の妻と娘を日本のファンに紹介した。「本当に素晴らしい女性たちです。彼女たちがいなければ、この作品は成り立っていなかった」とねぎらいの言葉をかけられると、マッカリー監督夫人は涙を拭っていた。

今作は72時間というタイムリミットの中、イーサン・ハント(クルーズ)率いるIMFチームが、3つの都市を標的とした同時核爆発を阻止するミッションに挑む。「ミッション:インポッシブル フォールアウト」は、8月3日全国公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi