「音量を上げろタコ!」主題歌は阿部サダヲ&吉岡里帆!HYDE、あいみょんらが楽曲提供 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月20日 > 「音量を上げろタコ!」主題歌は阿部サダヲ&吉岡里帆!HYDE、あいみょんらが楽曲提供
メニュー

「音量を上げろタコ!」主題歌は阿部サダヲ&吉岡里帆!HYDE、あいみょんらが楽曲提供

2018年6月20日 05:00

作詞家・いしわたり淳治も参加「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

作詞家・いしわたり淳治も参加
(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 主演・阿部サダヲ、ヒロイン・吉岡里帆三木聡監督作「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の主題歌を、人気ロックバンド「L'Arc-en-Ciel」のボーカルでソロアーティストとしても活躍するHYDE×いしわたり淳治、新星シンガーソングライターのあいみょんの2組が手がけ、阿部と吉岡がそれぞれ歌唱を担当することがわかった。

本作は、三木監督が原案・脚本を兼ねたオリジナル作品。4オクターブの音域と、すべての人の心を打つ声量を持つロックスター・シン(阿部)には、その歌声が“ 声帯ドーピング”によって作られているという秘密があった。長年にわたるドーピングの副作用で喉は限界に近づき、声が出なくなる恐怖に怯えていたシンは、ある日歌声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)と運命の出会いを果たす。

阿部が歌うのは、作曲・HYDE、作詞・いしわたりの楽曲「人類滅亡の歓び」。HYDEは、楽曲提供について「監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました(笑)。シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。僕はドーピングしてませんよ!」とコメント。いしわたりは、「『声帯をドーピングしてとんでもない声を出すカリスマ的ロックスターの歌詞なんですけど……』なんていう言葉で笑いながら始まる打ち合わせは、おそらくこの先の人生でも二度とないでしょう」と制作期間を振り返っている。

一方、吉岡が歌う「体の芯からまだ燃えているんだ」を作詞・作曲したあいみょんは、「あの日聞いた音や声、見たものすべてが今日の自分に語りかけてくるように、体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!」と楽曲への思いを語っている。

三木監督は、この“ダブル主題歌”に「HYDEさんといしわたりさんの曲、格好良すぎて脳下垂体からアドレナリンが噴出します。あいみょんさんは、心をグラグラと揺らされる歌を作って下さいました」と歓喜。「どのアーティストも最強過ぎ。ちょっとしたフェス状態で心も体も震えます。阿部サダヲ吉岡里帆という2人のパフォーマーがその曲に対してどう立ち向かっているのか、ご期待ください」と期待をあおっている。

さらに、挿入歌にも豪華アーティストが集結。5人組バンド「never young beach」の安部勇磨が作詞・作曲し、同バンドがアレンジに参加している「夏風邪が治らなくて」や、7月での“完結”を発表している「チャットモンチー」橋本絵莉子が、ソロとして手がけた「まだ死にたくない」「ゆめのな」、「グループ魂」の富澤タクによる「遊ぶ金欲しさの犯行」、プログレッシブ・ロックバンド「八十八ヶ所巡礼」の「肩噛むな!」が本編を彩る。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」は、10月12日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi