吉岡里帆の歌声は“不燃ゴミ”!? 阿部サダヲ主演「音量を上げろタコ!」特報完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月4日 > 吉岡里帆の歌声は“不燃ゴミ”!? 阿部サダヲ主演「音量を上げろタコ!」特報完成
メニュー

吉岡里帆の歌声は“不燃ゴミ”!? 阿部サダヲ主演「音量を上げろタコ!」特報完成

2018年5月4日 12:00

“ツッコミ”も目立つティザー ビジュアルも公開「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

“ツッコミ”も目立つティザー
ビジュアルも公開
(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 主演を阿部サダヲ、ヒロインを吉岡里帆が務める三木聡監督作「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」のティザービジュアルと特報が、このほどお披露目された。

本作は、三木監督が原案&脚本も兼ねたオリジナル作品。4オクターブの音域と、全ての人の心を打つ声量を持つロックスター・シン(阿部)には、誰にも言えない秘密があった。それは自身の歌声が“ 声帯ドーピング”という掟破りの方法でつくられているということ。長年にわたる“声帯ドーピング”の副作用で喉は限界に近づき、声が出なくなる恐怖に怯えていたシンは、やがて歌声が小さすぎて聴こえないストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)と運命の出会いを果たす。

「タイトルがなげーよ!!」というコピーが入ったティザービジュアルは、ギターを手にしたふうかのバックに、ド派手メイクのシンが絶叫している姿を大きく配置。シンの口から輝く光は、まるで“ロックスターのカリスマ性”を具現化しているかのようで、奇抜なメイクとファッションで異端視されているミュージシャンのマリリン・マンソンをイメージしたビジュアルは、1度見たら忘れられないインパクトを放っている。

特報は、天に拳を突き出したシンが「テンションを上げろー!」と叫ぶシーンからスタート。ギター&歌唱に初挑戦となった吉岡の歌声も初披露されているが、その“音量”はあまりにも小さい。「どう思いました、わたしの歌?」というふうかの問いかけに対して、シンは「不燃ゴミだ不燃ゴミ」とばっさり。ラストには、タイトル通り「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」と痛烈なツッコミを受けてしまう。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」には、千葉雄大麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希中村優子池津祥子森下能幸岩松了、ふせえり、田中哲司松尾スズキも出演。10月12日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi