83歳の巨匠・中島貞夫監督、20年ぶり劇映画がクランクイン!テーマは“殺陣の魅力” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月28日 > 83歳の巨匠・中島貞夫監督、20年ぶり劇映画がクランクイン!テーマは“殺陣の魅力”
メニュー

83歳の巨匠・中島貞夫監督、20年ぶり劇映画がクランクイン!テーマは“殺陣の魅力”

2018年3月28日 13:00

京都国際映画祭2016のイベントに出席した 中島貞夫監督「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」

京都国際映画祭2016のイベントに出席した
中島貞夫監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「新・極道の妻たち」「木枯し紋次郎」などで知られる83歳の巨匠・中島貞夫監督の最新作「多十郎殉愛記」(仮題)が、このほど京都市内でクランクインを迎えた。“時代劇チャンバラのレジェンド”が約20年ぶりの長編劇映画を手がけ、「殺陣の魅力」をテーマに紡いでいく。

映画は、「殺陣の魅力を存分に見てもらうこと」をコンセプトに、時代劇における殺陣の魅力の根源を改めて探り、生身の人間が見せる極限のパフォーマンスや、一本の日本刀に込めた「男の情念」、すなわち「殉愛」を描く。公開は2019年内を予定し、出演キャストは今後発表されていく。

中島監督は東京大学在学中の1955年、倉本聰らと「ギリシャ悲劇研究会」を結成し、日比谷野外公会堂公演での演出を担当した後、59年の卒業と同時に東映に入社。社内で「おまえ、ギリ研か。ギリシャは古典、古典は時代劇や」と言われたことをきっかけに、時代劇製作を担う京都撮影所に配属され、64年の「くノ一忍法」で監督デビューを果たした。フリーで活動を始めた67年以降は任侠、時代劇、文芸、喜劇などジャンルを問わず精力的にメガホンをとり、2015年のドキュメンタリー「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」ではチャンバラの真髄に迫った。京都府文化功労賞、牧野省三賞など、受賞歴も多い。映画のキャリアを半世紀以上にわたり積み重ねた現在は、大部屋俳優からのスター輩出、若手スタッフへの指導など、“邦画界の重鎮”として後進育成にも力を注いでいる。

(映画.com速報)
新・極道の妻たち[DVD] 新・極道の妻たち[DVD] 最安価格: ¥2,636 対立する暴力団の抗争に体を張る極道の妻たちを描いた人気シリーズ第5作。
吉原炎上[Blu-ray/ブルーレイ] 吉原炎上[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,061 遊郭に生きる女たちの華麗にしてドラマチックな人生を、美しい四季の移ろいの中に赤裸々に描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi