津波で壊滅した南三陸町の今を映すドキュメンタリー「願いと揺らぎ」2月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月21日 > 津波で壊滅した南三陸町の今を映すドキュメンタリー「願いと揺らぎ」2月公開
メニュー

津波で壊滅した南三陸町の今を映すドキュメンタリー「願いと揺らぎ」2月公開

2018年1月21日 07:00

「願いと揺らぎ」ポスター「願いと揺らぎ」

「願いと揺らぎ」ポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東日本大震災の津波で壊滅した宮城県南三陸町の小さな漁村「波伝谷(はでんや)」。同所の被災前の3年間を追ったドキュメンタリー「波伝谷に生きる人びと」の続編で、震災後を映した「願いと揺らぎ」が2月24日に公開される。このほど予告編が完成した。

我妻和樹監督が、同地の人々と自ら関わる姿を交えながら、多くの課題を抱えた復興への苦難の道のりを映す。山形国際ドキュメンタリー映画祭2017インターナショナル・コンペティション入選作品。

津波の被害で集落が壊滅し、コミュニティが分断された波伝谷で、人々の希望になるであろう伝統行事「お獅子(すす)さま」復活の機運が高まる。お獅子さま復活に思いを託す人々がいる一方で、集落の高台移転、漁業の共同化など多くの現実的な課題が積み重なる。予告編では、震災前後の映像とともに、土地の人々のそれぞれの考え方、生の言葉を交え「お獅子さま」復活までの道のりのハイライトを切り取っている。

願いと揺らぎ」は、2月24日からポレポレ東中野ほか全国で順次公開。MOTHION GALLERYで、公開へ向けてのクラウドファンディング(https://motion-gallery.net/projects/negaitoyuragi)も実施している。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi