“孫”文音が“祖母”草笛光子に優しく寄り添う「ばぁちゃんロード」ティザービジュアル入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月15日 > “孫”文音が“祖母”草笛光子に優しく寄り添う「ばぁちゃんロード」ティザービジュアル入手
メニュー

“孫”文音が“祖母”草笛光子に優しく寄り添う「ばぁちゃんロード」ティザービジュアル入手

2018年1月15日 08:00

劇中で描かれる散歩のシーンを活写「ばぁちゃんロード」

劇中で描かれる散歩のシーンを活写
(C)2018「ばぁちゃんロード」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 篠原哲雄監督がメガホンをとった「ばぁちゃんロード」のティザービジュアルを、映画.comが先行入手した。孫と祖母役でダブル主演を務める文音草笛光子の姿をとらえたもので、「あなたも、ばぁちゃんに会いたくなる――」という心温まるキャッチコピーが添えられている。

2017年夏に風光明媚な港町として知られる富山県氷見市を中心に撮影を行った本作は、日本映画界に多くのクリエイターを輩出してきた映画美学校が行った「映画美学校プロットコンペティション2016」の最優秀賞受賞作を映画化したもの。海沿いの田舎町を舞台に、結婚を間近に控えた根っからのおばあちゃん子の孫娘・夏海(文音)と、足をケガして施設で暮らす祖母・キヨ(草笛)が、一緒にバージンロードを歩くという無謀とも言える目標に向けて2人でリハビリを重ね奮闘するさまを描く。

ティザービジュアルが映し出しているのは、夏海が足をケガしてから1歩も外に出ようとしないキヨを車椅子で連れ出し、一緒に散歩をするシーン。道端に咲く花の名前を言い当てながら、楽しそうに散歩をするキヨを、夏海が笑顔で見守っている。プライベートでも親交の深い文音と草笛が体現した“孫娘とばぁちゃんの絆”によって、自分自身の祖父母のことを思い起こして会ってみたくなるような仕上がりとなっている。

ばぁちゃんロード」は、三浦貴大桜田通辻本晃良富永沙織竹内晶子鶴見辰吾ら実力派俳優が共演。大貫妙子が歌う童謡「この道」(作詞:北原白秋/作曲:山田耕筰)が主題歌に起用されている。4月14日から東京・有楽町スバル座ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi