平祐奈「みせコド」最後の舞台挨拶で涙 中島健人&知念侑李も感激「帰ったら泣いちゃう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月9日 > 平祐奈「みせコド」最後の舞台挨拶で涙 中島健人&知念侑李も感激「帰ったら泣いちゃう」
メニュー

平祐奈「みせコド」最後の舞台挨拶で涙 中島健人&知念侑李も感激「帰ったら泣いちゃう」

2018年1月9日 20:15

目元を潤ませる平祐奈「未成年だけどコドモじゃない」

目元を潤ませる平祐奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 水波風南氏による人気少女漫画を実写映画化した「未成年だけどコドモじゃない」の大ヒット御礼舞台挨拶が1月9日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、出演の中島健人(Sexy Zone)、平祐奈知念侑李(Hey! Say! JUMP)が袴&着物姿で登場した。

世間知らずのお嬢様女子高生・折山香琳(平)、王子様のような先輩・鶴木尚(中島)、香琳に思いを寄せるセレブ男子・海老名五十鈴(知念)による三角関係を描いたラブコメディ。周囲の反響について、中島は「メンバーの松島(聡)さんが見てくれていて、会うなり開口一番『割れない皿、買ってくる』と。細部まで見てくれて、素晴らしい」とニッコリ。知念は「またこうやってみんなで集まることができて、本当に嬉しくて。会いたかった! 『みせコド』を見てくださった皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございます」と感情を爆発させ、「メンバーの岡本(圭人)くんが『本当に良かった。祐奈ちゃんかわいい』と言っていた」と喜んだ。

また年末年始の過ごし方を聞かれると、平は「年末に『みせコド』を友だちと見に行って、『みせコド』カフェに行きました。劇中のサンドイッチがそのまま出てきて、おいしかった!」と笑顔をはじけさせる。これを受け、中島と知念は1月中に一緒に今作を見に行くことを約束し、「みんなも見に行ったら、もしかしたら僕たちが劇場にいるかも」(知念)と宣言していた。


画像2

[拡大画像]

また今作最後の舞台挨拶となったこの日は、昨年8月のクランクインから駆け抜けた3人に向け、サプライズ映像が上映。撮影時のメイキングやプロモーションでの出来事などを振り返る内容に、中島は「感無量です」と言葉を失い、「本編と同じくらい涙が出た。心でね」と照れ笑いを浮かべる。知念も「撮影からここまで、ずっとぶっ通しで来ました。本当にいろんなことがあった……」と思いを馳せ、「帰ったら泣いちゃうやつだ」と感激していた。

そして平は、目元を拭う仕草を見せ「監督をはじめ、スタッフさんひとりひとりが本当に素晴らしい方々。作品への一生懸命の愛をくださるから、私たちも頑張ろうと思えた」と明かす。涙を流し、声をつまらせながら「こうして中島さんと知念さんとできて、本当に宣伝部さんや皆さんが素晴らしいからこそ、私たちがその愛を受け取って、(観客の)皆さんに渡せたかなって。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と懸命に思いを伝える様子に、観客は温かい拍手を送っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi