黒田昌郎監督、劇場版「フランダースの犬」に込めたヒロインへの思いを吐露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月15日 > 黒田昌郎監督、劇場版「フランダースの犬」に込めたヒロインへの思いを吐露
メニュー

黒田昌郎監督、劇場版「フランダースの犬」に込めたヒロインへの思いを吐露

2017年10月15日 20:30

黒田昌郎監督と奥田誠治氏「フランダースの犬(1997)」

黒田昌郎監督と奥田誠治氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]1975年にフジテレビ「世界名作劇場」で放送された作品を劇場版としてリメイクした長編アニメーション「フランダースの犬(1997)」が10月15日、京都国際映画祭2017で上映され、メガホンをとった黒田昌郎監督、アニメーション演出家の奥田誠治氏が、よしもと祇園花月で行われた舞台挨拶に出席した。

本作はイギリス人作家ウィーダの同名小説を基に、少年ネロと愛犬パトラッシュの友情を描いた物語。音楽・映像もテレビアニメ版から刷新され、情景は当時のフランダース地方のものに近づけて描かれており、一部にCGも使用されている。また、ネロとパトラッシュの死の場面もテレビ版とは異なり、各エピソードも劇場版独自の翻案・演出が加えられて進行していく。

MCを務めたアニメーション評論家・藤津亮太氏からテレビ版製作当時の心境を問われた黒田監督は「ウィーダの原作は文庫本で72ページ。(テレビ版は)これを1年間、週に1本放送しなくてはいけない。ほとんどの内容はオリジナルになると感じた」と述懐。一方、放送された52エピソードの内、39本分の絵コンテを担当していた奥田氏は、同作が話題を呼んだ理由として「黒田さんが暗い話にしなかったから」と分析した。「私は悲劇を売り物にして始まる物語が苦手なんですが、『フランダースの犬』は日常をきちんと描き、それが積もり積もって、最後に泣ける。結果として泣けるというのは、作品として正しい。気持ちよく仕事ができた」と振り返っていた。

奥田氏の意見に同調した黒田監督は「僕にとっては、ネロは苦しくもなく、辛くもなかった。ジェハン爺さんやヒロインのアロア、パトラッシュと一緒にいれるだけで幸せだったんだと思う。つまり貧しい現状に不満は持っていなかった。悲しくするのをやめて、明るさを徹底的に出したかった」と告白。「なにもなくても、これだけあれば幸せという心を持っている少年を通じて、現実の世界で満ちあふれている子どもたちにメッセージを送りたかったんです」と思いの丈を述べていた。

劇場版の製作は、京都国際映画祭総合プロデューサーを務める奥山和由氏の鶴の一声でスタート。黒田監督は、アロアの回想形式という手法をとったのは「(テレビ版の)ラストシーンで、アロアを置いてけぼりにしてしまった。彼女をひとり残していってしまったことが、申し訳なかったんです。詫びを入れなくてはいけなかった」と説明。そして劇場版のラストシーンについて「ネロとパトラッシュがちらっと出てきて『いつも一緒だよ』と。この言葉を言わしたかった。アロアに『いつも一緒なんだよ』と伝えたかったんです」と意図を明かしていた。

京都国際映画祭2017は、10月15日に閉幕。

劇場版 フランダースの犬[DVD] 劇場版 フランダースの犬[DVD] 最安価格: ¥1,734 ウェルツ原作の名作小説を映画化。貧しい少年ネロと愛犬パトラッシュの友情を描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi