韓国から駆け付けたファンも!黒沢清監督「散歩する侵略者」マル秘エピソード告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月28日 > 韓国から駆け付けたファンも!黒沢清監督「散歩する侵略者」マル秘エピソード告白
メニュー

韓国から駆け付けたファンも!黒沢清監督「散歩する侵略者」マル秘エピソード告白

2017年9月28日 13:00

貴重な裏話を明かした「散歩する侵略者」

貴重な裏話を明かした
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長澤まさみ松田龍平長谷川博己の共演で、劇団「イキウメ」の人気作品を映画化した「散歩する侵略者」(公開中)のメガホンをとった黒沢清監督が9月27日、都内の劇場で観客を相手にティーチインを行い、舞台裏について語った。

数日間の行方不明の後、夫・真治(松田)が別人のようになった状態で帰宅するが、その変ぼうぶりに戸惑う妻・鳴海(長澤)。時を同じくして、ちまたでは不可思議な現象や一家惨殺事件が次々と発生し、真相を追うジャーナリスト・桜井(長谷川)は謎めいた若者たちに会ったことから騒動の真相を知る。

会場には韓国から来たという黒沢監督の熱狂的ファンもおり、「ロケ地の選定において最も重要な部分は?」という鋭い質問が飛んだ。黒沢監督は「方言を使いたくはなかったので、なんとなく標準語でしゃべっていても許されるくらいに東京から離れた都市と設定しましたね。実際のロケ場所は茨城、栃木、埼玉、静岡、神奈川。色々な小さな町のあちこちをつなげて、東京からほど遠からぬ都市に見えたらいいなと思って。どこにでもあるようなあいまいな場所というのを探しましたね」とこだわりを明かした。

黒沢監督の口からは、次々とマル秘エピソードが飛び出し、「鳴海の『いやになっちゃうなあ、もう』というセリフについては、滅多にそういうことをしないんですが、長澤さんが戸惑うといけないので、脚本に“(女優の)杉村春子風に”と初めて書きましたね」「おかしいということをストレートに受け止めていただけたら。本作のかなりの部分は、僕としては珍しくコミカルにやってみました。編集の際に笑い声を入れようかと思ったくらい(笑)」「一時、宇宙人というのはあまりに乱暴なので金星人にしようかとも思ったんですが、近すぎるからもう少し遠方のアンドロメダ銀河にしようかとも考えた」というトークに、観衆は時に笑い声をあげながら聞き入っていた。

黒沢監督は、侵略者を追う謎の男・品川(笹野高史)率いる組織の描写が最も苦労したと明かし、「狙いは、“なんだこの人たち”というところ。侵略者もピストルで撃たれたら死んじゃうし、警察や軍隊、本気の暴力装置が出てくるとまったく歯が立たない。とはいえ、侵略に気づいたある組織と緊張関係にあるドラマが進んでいく設定だったわけです。だから、彼らが持っている機関銃は軍人よりは小さいもの、フランスの警察が持っているベレッタM12にしました。ものすごく微妙なところを狙ったんです」と解説した。

これまでにもタッグを組んできた笹野に対し「大好きなんですよ、笹野さん。出た瞬間、怖いといえば怖いし、ふざけているといえばふざけているんですが、こんな人いるわけないと思うのに画面に映ると『うわ、出た』と思う。“出た”感が半端じゃない」と敬愛ぶりを吐露。さらに、「脚本のちょうど真ん中にどのシーンが来ているのかが非常に重要。僕はそれが脚本の基本形だと考えているんですが、本作では笹野さんの登場シーンだったんですよ」と笹野演じる品川が物語の転換に大きな役割を果たしていると語った。

黒沢監督は最後に、現在放送中の本作のスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」についても言及。本作とは異なる役柄で登場する東出昌大の怪演を「『あなそれ』(あなたのことはそれほど)どころじゃないですよ」と人気ドラマを引き合いに出し、自信満々に評していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi