「AKB48」横山由依&大野拓朗の“初恋”に宮澤佐江、北原里英ら胸キュン!

2016年1月30日 15:50

登壇陣がキュンキュン!
登壇陣がキュンキュン!

[映画.com ニュース] 人気アイドル「AKB48」グループと国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」がコラボレーションした短編オムニバス「9つの窓」が1月30日、神奈川・横浜のブリリアショートショートシアターで先行公開され、出演した横山由依大野拓朗北原里英宮澤佐江入山杏奈らが舞台挨拶に立った。

AKB48グループのメンバーが主演する短編映画9作品で構成されるオムニバス映画。漁師のもとに嫁いだ主人公が初恋の男性と再会する「漁船の光」に主演した横山は、「90分間、スクリーンから目を離さず見れば、もっとAKBのことが好きになると思います」と映画を猛アピールする。しかし、相手役を務めた大野は「久しぶりに横山さんにお会いして、改めて“初恋”だなと。ますますきれいになりましたね」とべた褒めすると、横山は「(AKB48の)総監督になって初めて会ったので、『監督』と言われてドキッとしました。本当にやめてください、恥ずかしい!」と大照れ。2人の初々しい関係性に、一同は「キュンキュンする!」(宮澤)、「なんか、ありがとう!」(北原)と茶々を入れていた。

今年3月いっぱいで「SKE48」を卒業する宮澤は、過去にタイムスリップする電車が舞台の「回想電車」に主演。「(それぞれの)作品は10分でしたが、撮影時間は1日中でした」と振り返り、「スタッフさんも大変だったと思います。演じる上で、たくさんの方の思いを込めました」と明かす。「お電話ありがとうございます」でクレーム対応の会社員を演じた北原は、「撮影やショートショート フィルムフェスティバルにも参加して、短編映画の魅力にはまりました!」とほほ笑んだ。さらにサスペンス作「先客あり」の入山は、「日常生活のなかで10分はすごく短いし、意識していないとあっという間に通り過ぎてしまう」といい、「短編映画を見て、10分を大切に過ごしてもらえればと思います」と客席に呼びかけていた。

また「漁船の光」の物語にちなみ、登壇陣に「初恋の人と再会したらどうする?」との質問が。横山は「久しぶりに会うということは、小さい時より大人っぽくなっていたり、変わっていると思うので緊張しちゃうと思う」と話しながらも、「でも初恋の人に会う感覚がないので、本当にわからないです!」と言葉を濁していた。

この日は木崎ゆりあ中西智代梨茂木忍江籠裕奈小池亮介、主題歌を手がけた「Thinking Dogs」も登壇した。「9つの恋」は、2月6日から全国で順次公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース