エマ・ワトソン、話題の小説「ザ・サークル」映画化に主演

2015年7月2日 16:15

エマ・ワトソン
エマ・ワトソン

[映画.com ニュース] 作家デイブ・エガーズの小説「ザ・サークル」を映画化する新作に、エマ・ワトソンが主演することがわかった。同作は、トム・ハンクスの製作・出演が決定している。

原作は、世界最高のIT企業“サークル”が舞台。メールやSNS、銀行口座、購買履歴など、ユーザーの個人情報をクラウドで一括管理するOSで成功を収めた“サークル”に転職した主人公メイの視点で、すべてが可視化・共有される社会を描く。

米Deadlineによれば、当初アリシア・ビカンダーがメイ役の候補に挙がっていたが、ビカンダーは複数の新作企画を抱えており、本作を辞退。代わりに、ワトソンがメイ役を演じることになった。

映画「The Circle(原題)」はジェームズ・ポンソルトが監督・脚本を手がけ、カリフォルニアで9月にクランクインする。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース