木村佳乃、「ひつじのショーン」の英国人監督からスカウト!?

2015年6月25日 21:30

来日したリチャード・スターザック監督、 木村佳乃、加藤憲史郎くん
来日したリチャード・スターザック監督、 木村佳乃、加藤憲史郎くん

[映画.com ニュース] 人気クレイアニメの劇場版「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」の公開直前イベントが6月25日、東京・新宿ピカデリーで行われ、来日を果たしたリチャード・スターザック監督をはじめ、スペシャルサポーターを務める女優・木村佳乃、“ショーンこども応援隊長”の加藤憲史郎くんが出席した。

英アードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ウォレスとグルミット」から生まれた、「ひつじのショーン」初の長編劇場版。牧場暮らしのひつじのショーンが、ひょんなことから都会へ繰り出し、大騒動を巻き起こす姿をコミカルに描く。

イベントには、「ひつじのショーン」誕生20周年と、木村の芸能生活20周年を記念し、憲史郎くんがショーンの顔形ケーキを持参して登場。羊の扮装で祝福する憲史郎くんを見て、木村は「ケーキも憲史郎くんも、とってもかわいいです。うちは女の子だけなので、息子がいたらいいなと思いました」とメロメロの様子だった。

さらに壇上では、憲史郎くんと木村がそれぞれ制作した、ショーンのクレイも披露された。木村は2人の愛娘とともにクレイ作りを楽しんだそうで、「粘土遊びするのは久しぶりだったので、とても楽しく作りました。下の娘は『ショーン』と言えず、『メェだ!』と呼んでいました。何回も壊そうとしていたので、『壊しちゃだめよ』と取り上げたら、泣いていました(笑)」とニッコリ。スターザック監督から「アードマンで働いてください!」とスカウトされると、木村は目を輝かせて喜んでいた。

またスターザック監督は、子ども連れでにぎわう客席を見渡し「日本に来られて本当にうれしいです。日本でのショーン人気は、祖国・イギリスを超えているので、感謝したいです」と感無量の面持ち。そして、「日本の皆さんの反応が良いことを願っています。子どもも、親御さんにも、年齢関係なく皆さんに楽しんでもらいたいです」と思いを込めていた。

映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」は、7月4日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース