TOHOシネマズ、来年4月埼玉県に初出店 TCX&ドルビーアトモス導入

2014年12月7日 09:30

TOHOシネマズ ららぽーと富士見のスクリーン
TOHOシネマズ ららぽーと富士見のスクリーン

[映画.com ニュース] TOHOシネマズは、新劇場「TOHOシネマズ ららぽーと富士見」を2015年4月10日に開業することを発表した。埼玉県富士見市にオープンする商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと富士見」内の施設となり、同社にとって初の埼玉県への出店となる。

新劇場は、9スクリーン、約1600席を有する大型シネマコンプレックスで、同社の独自規格による巨大スクリーン「TCX(TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)」と、ドルビー社が提供する革新的なシネマ音響「ドルビーアトモス」も同県で初めて導入される。

左右の壁から壁まで一面にスクリーンが広がるTCXは、同規模の座席数のスクリーンよりも画面サイズが約120%に拡大されているほか、床・壁・天井・シートのカラーをダーク系に統一し、スクリーン以外の光の反射を軽減し暗室効果を高めている。

TOHOシネマズ ららぽーと富士見の客席
TOHOシネマズ ららぽーと富士見の客席

ドルビーアトモスは、従来の5.1チャンネルのサラウンドスピーカー配置に、オーバーヘッドスピーカー、追加のスクリーンスピーカー、追加のサイドサラウンドスピーカー、サラウンド用のサブウーファーが加わり、三次元的な音響表現が可能になっている。

同社はこれまでのシネマコンプレックス運営で培った経験を生かし、非日常的な空間を意識した都会的で洗練された施設設計、長時間の鑑賞でも疲れにくい座席、ストレスなく購入できるチケットシステムなど、最高品質の鑑賞環境を提供。上映ラインナップについても、ハリウッドの超大作や人気の日本映画をはじめ、デジタルプロジェクターの特性を生かしたコンサートや演劇、スポーツなどのライブビューイングなど、映画館の枠にとらわれることなく、幅広い観客が楽しめる多彩なプログラム編成を予定している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース