DeNA中畑監督、球団の裏側に迫るドキュメンタリー公開で「落合に見せたい」

2014年12月6日 18:32

ファンとともに記念撮影を行った 中畑清監督(中央右)と後藤武敏選手
ファンとともに記念撮影を行った 中畑清監督(中央右)と後藤武敏選手

[映画.com ニュース]横浜DeNAベイスターズの2014年のシーズンを追ったドキュメンタリー映画「ダグアウトの向こう 今を生きるということ。」が12月6日、全国9館で初日を迎え、同球団の中畑清監督と後藤武敏選手が、神奈川県・横浜ブルク13で行われた舞台挨拶に登壇した。

2012年から続く人気シリーズの第3作。前2作はDVDのみの展開だったが、今回初めて劇場公開した。野球界の裏側をすべて見せたかったという中畑監督は、「僕は秘密主義とか、隠すのがカッコイイとかいうのが大嫌いなんです」といい、「落合なんかは絶対やらない。(作品を)落合に見せたいね(笑)」と、同級生の中日ドラゴンズ落合博満GMを引き合いに出したブラックジョークで会場を沸かせた。後藤選手も「普通ならあり得ない、他のチームならないところまでカメラが回っていた」と述懐し、自身がクローズアップされた場面を思い出すと「今でも涙が出ます」と語った。

本作は「職業、プロ野球選手。」をキャッチコピーに、荒波翔選手がチームのために自ら2軍落ちを申し出る様子や、ケガに苦しむ選手たちの姿など、選手にとっては見られたくない場面も包み隠さず収録している。中畑監督は、本作の製作と監督を務め、緊張感のある現場で撮影を行った三木慎太郎氏を「チームメイトの中で選手みんなに密着して、空気みたいな存在で接してくれた。彼が作るからこそこういうものができたと思います」と労った。

さらに中畑監督は、満席の客席に向けて「一緒にこのチームを作っていきましょう。いつでもどんな非難でも受けます。それを実際にやっている姿を(この作品で)見て頂いて、採点してほしい。もっともっと、野球の素晴らしさ、奥深さを理解して貰えたらうれしい。野球界全体を今後ともよろしくお願いします」と作品をアピールした。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連ニュース