動物好き「ココリコ」田中直樹、夢は「ジャガーをアマゾンで見たい」

2014年11月18日 15:40

初の映画ナレーションを担当した田中直樹
初の映画ナレーションを担当した田中直樹

[映画.com ニュース]お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹が11月18日、都内のスタジオで映画「アマゾン大冒険 世界最大のジャングルを探検しよう!」のナレーション録音を行った。今回初めて映画のナレーション担当し、出来栄えは「100点と言わせてください」と胸を張った。

フランス人監督、ティエリー・ラコベールが2年の歳月を費やし、熱帯雨林ジャングル・アマゾンの雄大な自然の撮影に挑戦。1匹の小さなフサオマキザルを主人公に、人に飼われていたサルが大自然の中でさまざまな発見をしていく姿を描く。

芸能界きっての動物好きとして知られる田中は、「昆虫、哺乳類、鳥類、どれをとってもアマゾンの生態系は面白い!」と大興奮。「ジャガー(ネコ科ヒョウ属)をアマゾンで見たいという夢がある。(劇中の)アマゾンでジャガーが出てくると、背筋が伸びる」と目を輝かせ、その魅力を「ヒョウより一回りサイズがでかくなるので、迫力がすごいある。それが視界の悪いジャングルで急に現れてくる感じに『うわっ』となる」と熱弁していた。

田中は、今年6月にはテレビ番組のロケでオオグソクムシの新種を発見しており、海洋生物の中では「サメが大好き」だという。自身の長男が4歳のころに「水族館のサメの水槽前で生体・特徴(の講義)を延々してしまった。そうしたらその晩、子どもが熱を出した」とエピソードを披露し笑いをさらっていた。

さらに、この日訃報が伝えられた俳優の高倉健さんについて問われると、「いち芸人の僕がコメントできるような方ではない。本当にすごい方でいらっしゃる」と神妙な面持ち。そして「ずっと映画界を支えていらした方なので、一度お姿を拝見できればと思っていた」と無念そうに語った。

アマゾン大冒険 世界最大のジャングルを探検しよう!」は、2015年1月17日から東京・角川シネマ新宿ほかで公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース