瑛太「まほろ」シリーズ化に期待?「もしかしたら」

2013年4月6日 23:32

司会を立てずひとりで舞台挨拶 に挑んだ瑛太
司会を立てずひとりで舞台挨拶 に挑んだ瑛太

[映画.com ニュース] 俳優の瑛太が4月6日、松田龍平と共演した映画「まほろ駅前多田便利軒」の続編として放送されたテレビドラマ「まほろ駅前番外地」の劇場公開を記念し、上映館の東京・渋谷ユーロスペースで“単独”トークイベントを行った。

会場は立ち見も出るほどの大入りで、舞台上に司会者はおらず、瑛太はひとりでステージに登壇。「フジテレビのドラマの会見で、笠井信輔アナウンサーに『ここまで司会者泣かせの俳優はいない』と言われたので、今回のトークショーは『せっかくなら司会者を立てないで僕ひとりでやらせて』と、そういった経緯で今ひとりでやっている」と説明し、不慣れなトーク進行で笑いを誘っていた。

時間を持て余した瑛太は、客席からの質問に快く回答。「アドリブはどれくらい?」との質問には、「俳優がどう動くか、何にも制限がないので全てがアドリブ……と龍平が言っていた」と松田のコメントを引用。今後のシリーズ展開については、「映画から始まりドラマと。当初はこんな風にずっと続いていくなんて思っていなかった。原作は続いているので、もしかしたら」と思わせぶりな発言でファンの期待をふくらませた。

三浦しをん氏の直木賞受賞作を映像化した「まほろ駅前」シリーズで、大根仁(「モテキ」)監督がメガホンをとったドラマ版。架空の地方都市・まほろ市を舞台に、便利屋を営む多田啓介(瑛太)と多田のもとに転がり込んだ同級生の行天晴彦(松田)が、仕事の依頼を通じてさまざまな人と出会い、成長していく姿を描く。

まほろ駅前番外地」は渋谷ユーロスペースで19日まで、全12話を各3話の4パートに分けて日替わりで上映する。瑛太をはじめ、原作の三浦氏、新井浩文真木よう子、最終日には松田と、連日トークショーが開催される予定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース