YouTubeが課金制サービスに着手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月3日 > YouTubeが課金制サービスに着手
メニュー

YouTubeが課金制サービスに着手

2013年2月3日 15:00

課金制サービスに着手するYouTube

課金制サービスに着手するYouTube
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] YouTubeが定額制の課金サービスを準備中であると、Ad Ageが報じた。

関係者によれば、YouTubeはサイト内の人気チャンネルの制作サイドに、課金制チャンネルのための企画案を出すように依頼。視聴料金は、1カ月あたり1ドルから5ドルのあいだになる予定だという。

YouTubeは、2010年に開始したビデオレンタルと同様、定額制サービスを試験的に提供する予定で、ローンチ時の提供チャンネルは25ほどになる模様。収益は、広告料金と同様、YouTubeが45%、コンテンツ提供者が55%を受け取る運びになりそうだという。

ただし、YouTubeのユーザーは無料視聴に慣れているため、果たして課金制が成功するかどうかは不透明だ。現在の人気チャンネルは、良質なコンテンツ作りとクロス・プロモーションで視聴者を増やした経緯があるものの、いずれも無料で提供されている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi