2012年世界興収、228億ドルで新記録樹立 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月15日 > 2012年世界興収、228億ドルで新記録樹立
メニュー

2012年世界興収、228億ドルで新記録樹立

2013年1月15日 23:00

[映画.com ニュース] 2012年の世界映画興行収入が前年比2%アップの228億ドルという新記録を樹立したと、米バラエティ紙が報じた。

ロンドン五輪やUEFA EURO 2012、ヨーロッパ金融危機などがあったにもかかわらず、2012年の興収がアップした最大の要因は、前年対比で33%増という中国市場の驚異的な急成長だ。中国が定める外国映画の年間制限枠とは別に、3D映画やIMAXなど高画質方式の映画作品の参入を年14作品まで認めるようになったため、ハリウッド大作が中国で相次いで公開されるようなった結果、年間27億ドルという、北米を除く映画市場でナンバーワンの記録を樹立した。

これまで1位だった日本は23億ドルで2位、昨年、3位はイギリスおよびアイルランドの19億ドル、そして、韓国とドイツの13億ドルが続いている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi