ケイティ・ホームズ「薬物依存」示唆したタブロイド紙を告訴

2011年3月2日 12:36

タブロイド紙を告訴
タブロイド紙を告訴

[映画.com ニュース] 米女優ケイティ・ホームズが3月1日(現地時間)、米タブロイド紙「スター」を名誉毀損で訴えたことが明らかになった。ホームズは、5000万ドル(約41億円)の損害賠償を求めている。

問題となったのは1月に発行された同紙で、疲れた表情のホームズの顔写真が表紙を飾っているもの。表紙には、「ケイティ、ドラッグに関する衝撃の事実」「依存の悪夢」「彼女がトムと別れられない本当の理由」といったセンセーショナルな文字が踊っている。だが、本文では薬物使用についてはいっさい触れていない。

ホームズは、声明のなかで「私に関するねつ造記事が連日のように報道されていますが、今回の記事はなかでも常軌を逸しています。出版社は、このような馬鹿げた話が事実ではないことを知りながら、雑誌を売るためにあえて出版したのです」とコメントを発表した。

また、ホームズの弁護人は、「スター紙の主張は事実無根であり、非道徳的かつ違法でもある。ケイティの名誉をひどく毀損しているばかりか、本文でいっさい触れられていない内容を表紙に印刷することで、公衆をあざむいている」と断罪。そして、「雑誌の購入者全員に返金するよう、誰かが訴訟を起こすべきだ」との声明を発表した。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース