市原隼人主演「猿ロック」渋谷ゲリライベント開始2分で強制終了

2010年2月20日 14:51

パニック状態に市原もあ然
パニック状態に市原もあ然

[映画.com ニュース] 天才カギ師の活躍を描いた芹沢直樹の人気コミックをTVドラマ化した「猿ロック」の劇場版「猿ロック THE MOVIE」の公開直前ゲリライベントが2月20日、東京・渋谷のSHIBUYA109スクエア前で開催されたが、主演の市原隼人芦名星のサプライズ登場に周辺はパニック状態に。主催者が危険と判断し、開始からわずか2分弱で強制終了となった。

当初は、市原と芦名が映画にまつわるトークを約20分間行う予定だったが、開始直後に“中止”が判断され、2人は特設ステージから退場するよう促された。しかしファンの熱狂ぶりを目の当たりにした市原は、自らマイクを握り「価値観はみんな違うと思うけど、どっか一緒に分かり合えて笑える部分もあるはず。本当の正義って何だと追求した作品」とアピールし、声援に応えていた。

中止になった会場周辺
中止になった会場周辺

同作は「開けられないカギはない」と豪語する天才カギ師・猿丸耶太郎(通称サル=市原)が、ナゾの美女マユミ(比嘉愛未)の依頼で金庫を開けたも、金庫に眠っていた機密データを奪おうとするヤクザや警察に追われるハメになるアクションエンターテインメント。

猿ロック THE MOVIE」はSDP、ショウゲートの共同配給で、2月27日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース