森下悠里、過激コメディ「ブルーノ」イベントでおかんむり

2010年2月15日 17:39

「ボラット」に続く超過激コメディがいよいよ上陸
「ボラット」に続く超過激コメディがいよいよ上陸

[映画.com ニュース] サシャ・バロン・コーエンの主演最新作「ブルーノ」の公開記念イベントが2月15日、東京・スペースFS汐留で行われ、お笑いコンビ「アームストロング」(安村昇剛栗山直人)とグラビアアイドルの森下悠里が出席した。

コーエン演じるゲイのオーストリア人ファッション・レポーター、ブルーノがハリウッドセレブを目指し、養子をもらったり、テロリストに誘拐されたりと、自己流の“セレブになる方法“を実践。ゲリラ撮影を重ね、マドンナやエミネムらを激怒させるなど、逸話に事欠かない過激なコメディだ。騒動を巻き起こし、セレブの道を歩むブルーノにならって、アームストロングの2人は森下の名前を故意に間違えたり、こいつ呼ばわりしたりとやりたい放題。最初は我慢していた森下も次第に怒りをあらわに。会場は不穏な空気になりかけたところで、アームストロングから“ドッキリ企画”であることが明かされると、森下はやっと笑顔を取り戻した。

イベント終了後、森下は「(安村に)キスされそうになったのがいちばんイヤだった」。お気に入りは「ブルーノがミラノコレクションを台無しにするシーン」と話した。なお、この日の模様はYouTubeの吉本興業チャンネルにアップされるほか、今後もアームストロングがブルーノばりの過激な映像を次々と公開予定。映画公開週までに再生回数が10万回を超えれば、2人はあこがれだという森下の携帯電話番号がゲットできるという。

ブルーノ」はクロックワークス配給で、3月20日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース