チョン・ジヒョン、小雪の次はキムタク、オダジョーと共演希望?

2009年5月28日 12:00

スリムで長身なアジアンビューティの2人
スリムで長身なアジアンビューティの2人

[映画.com ニュース] チョン・ジヒョン小雪という日韓の美女が共演する香港・フランス合作映画「ラスト・ブラッド」(クリス・ナオン監督)のプレミア試写会が、5月27日、東京・SHIBUYA-AXで行われ、ジヒョン、小雪、共演の倉田保昭、原作アニメ「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を手がけたプロダクションI.Gの石川光久社長が舞台挨拶を行った。

本作は、ジヒョン演じる400年間生き続けてきた少女サヤが、セーラー服を身にまとい、日本刀を武器に“オニ”と呼ばれる吸血鬼たちと死闘を繰り広げるアクション映画。小雪は美しく妖艶で強大な力を持つオニのボス、“オニゲン”を演じている。

初挑戦となった本格アクションについてジヒョンは、「トレーニングも撮影も、全てにおいて苦労の連続。雨に濡れながら夜の街で戦うシーンは1カ月かけて撮影し、肉体的にも大変だったけどお気に入りのシーンになった」と苦労話を披露。小雪はそんなジヒョンの姿に「女優として刺激を受けた」と話し、ブルース・リージャッキー・チェンジェット・リーといった大物アクション俳優と共演してきた倉田も「チョンさんの全身で表現する芝居はスゴイ」と太鼓判を押した。

日本アニメと香港アクションの血を受け継ぐ「ラスト・ブラッド」
日本アニメと香港アクションの血を受け継ぐ「ラスト・ブラッド」

また、ジヒョンと小雪は本作を通じてかなり仲良しになったそうで、ジヒョンは「小雪さんとはぜひまた共演したい。今日ここにいる日本の映画関係者の方々、もし何か次にいい企画があったら、私たちを共演させてください」とラブコール。日本の男優で共演したい人はいるかとの質問には、「日本にはハンサムな方が多いが、特に木村拓哉さん、オダギリジョーさんと共演してみたい」と顔をほころばせた。

ラスト・ブラッド」は5月29日全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース