ミッキー・ロークが「レッスルマニア25」で、クリス・ジェリコをKO!

2009年4月9日 12:00

猫パンチも、もう一度見てみたい…
猫パンチも、もう一度見てみたい…

[映画.com ニュース] 「レスラー」でアカデミー主演男優賞候補となったミッキー・ローク(56)が、4月5日(日本時間6日)、米テキサス州ヒューストンで開催された米WWE年間最大のイベント「レッスルマニア25」で、元世界チャンピオンのクリス・ジェリコ(38)を強烈な左フックで一撃KOし、プロレスデビュー戦を白星で飾った。会場のリアイアント・スタジアムに詰めかけた7万2000人の大観衆がその目撃者となった。

クリス・ジェリコは、WWEレジェンドと題されたロディ・パイパー(54)、ジミー・スヌーカ(64)、リッキー・スティームボード(56)ら元レスラーと1対3の変則マッチを戦い、必殺技“ウォール・オブ・ジェリコ”で制すると、スーツの上着を脱いでリングインした元世界チャンピオンのリック・フレアーも撃退。すると、リング上からリングサイドで観戦していたミッキー・ロークに向けてマイクパフォーマンス。「なあ、ミッキー。お前も映画ではタフガイだったけど、実人生のタフガイは俺様の方なのさ」と言ったのち、「臆病者め」と挑発した。最初はジェリコの挑発を受け流していたロークも最後の言葉にカチンときたか、黒皮の上着を脱いで、黒皮のベストとパンツという格好で、禁断のリングイン。

観衆の声援を浴びるロークとフレアー
観衆の声援を浴びるロークとフレアー

最初は数秒間のにらみ合いが続いたが、ロークは元プロボクサーらしく左ジャブの連続でジェリコをコーナーに追い詰め、矢継ぎ早に左フックを一撃。92年6月、両国国技館で行われたボクシングマッチで1回KO勝ちした際は“猫パンチ”と揶揄されたロークだったが、その日は強烈なパンチをお見舞いして、ジェリコをキャンバスに沈め、フレアーから勝ち名乗りを受けた。

なお、この「レッスルマニア25」は日本でも4月16日以降、スカパー!、スカパー!e2でPPV放送される。

ロークが主演した映画「レスラー」は、初夏より全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース