「フレンズ」コートニー・コックス、シングルマザー役で新コメディに主演

2008年10月31日 12:00

ボトックスで顔を固めたら 演技できない!
ボトックスで顔を固めたら 演技できない!

[映画.com ニュース] 人気TVシリーズ「フレンズ」のモニカ役で知られるコートニー・コックスが、ABCの新シットコム「Cougar Town」のパイロット版に主演することになった。

人気医療ドラマ「Scrubs」のクリエイター、ビル・ローレンスの脚本によるもので、40歳の美人シングルマザー(コックス)と17歳の息子が繰り広げるコメディだという。ローレンスとコックスが共同で製作総指揮にあたる。

コックスは現在44歳。最近、マリー・クレール誌のインタビューでボトックス注射をしたことを認め、だが結果は散々だったと赤裸々に語ったことが話題になったが、ローレンスは、「TVに出てくる40代の女性たちはみんなシワ一つなくて完璧できれいすぎる。現実とかけ離れているんだ。だからこそ、あっけらかんとボトックスや老化や夫とのセックスについて語るコートニーのような女性を主人公にしたリアルなコメディが生きてくるはず」と企画の意図を語った。

コックスも、「フレンズ」の脚本を手がけたこともあるローレンスのコメディセンスの大ファンだというから、いい化学反応が期待できそうだ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース