コールドプレイが、サマーソニックでアリシア・キーズと共演

2008年8月12日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] 8月9日~10日、東京と大阪で開催された「サマーソニック08」。東京会場で大トリを務めたのは、最新作「美しき生命」が全世界でヒット中のコールドプレイで、2000年以来のサマソニ登場となった。

数々のヒット曲のほかに披露されたサプライズ曲は、SMAPの「世界に一つだけの花」。ボーカルのクリス・マーティンは全て日本語で見事に弾き語り、千葉マリンスタジアムを埋めた大観衆の喝采を浴びた。コールドプレイは今回の来日中、フジテレビ系「SMAP×SMAP」の収録にも参加したようだ。

また、コールドプレイの前に同ステージに立ったアリシア・キーズが、サプライズゲストとして登場。マーティンの「地球上で最も美しい女性を紹介しよう。僕のワイフ(女優グウィネス・パルトロウ)を除いてだけどね」という呼び込みで登場したキーズは、コールドプレイの名曲「クロックス」でバンドと共演。これまた大歓声が巻き起こった。

ちなみに8月初旬現在、日本国内08年上半期CD売り上げの第2位がコールドプレイ、第3位がキーズである(第1位はマドンナ)。70分という短い時間ながら、大トリらしい堂々たるパフォーマンスと盛りだくさんの内容で今年の「サマーソニック」は締めくくられた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース