ラブコメの王子様ヒュー・グラントがチャン・ツィイーと共演!

2008年6月12日 12:00

これが本当の「ロスト・イン ・トランスレーション」?
これが本当の「ロスト・イン ・トランスレーション」?

[映画.com ニュース] 「ラブ・アクチュアリー」などのラブコメディに欠かすことのできない英国人俳優ヒュー・グラントが、ワーキングタイトルが製作する新作コメディ「ロスト・フォー・ワーズ(Lost for Words)」で、中国人女優チャン・ツィイーと共演することになった。

ある愛の風景」「悲しみが乾くまで」のデンマーク人女性監督スサンネ・ビアの新作となる同作は、グラントの長年のパートナーであるリチャード・カーティスが製作総指揮を務め、脚本を彼の妹ジェイミー・カーティスと「ボラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」のダン・メイザーが手がける。

内容は、カルチャーギャップや言葉の壁を描くラブコメディ。英国の映画スター(グラント)が中国の女性監督(ツィイー)の映画に出演契約するが、中国語ができないために雇ったセクシーな女性通訳に惹かれる。ところが、撮影を通じて交流を重ねるうち、言葉の通じない監督の方に心を奪われていることに気づく。しかし、自分の気持ちを代弁できるのは通訳のみで、その女の都合のいい翻訳に振り回されてしまう。

通訳役のキャスティングはまだ不明だが、コミュニケーションの欠如が招く悲劇を描いてきたビア監督が、文化の壁を笑った「ボラット」の脚本家メイザーの力を借りて、どんな喜劇に仕上げるのか見ものだ。今年9月にクランクイン予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース