トム・ハンクスがバラック・オバマ候補支持を表明!

2008年5月8日 12:00

オバマ氏にさらなる味方
オバマ氏にさらなる味方

[映画.com ニュース] オスカー俳優トム・ハンクスが、米大統領選挙の民主党予備選でヒラリー・クリントン候補と熾烈な指名争いを繰り広げているバラック・オバマ候補の支持を表明した。

民主党支持者として有名なハンクスは、「Beware: Celebrity Endorsement(注目:セレブの推薦)」と題されたビデオの中で、「私はトム・ハンクス。私がこの国の次期大統領として望むのは、バラック・オバマだ」と述べ、「我々の国ではかつて彼のようなカラード(有色人種)を差別してきた。私がオバマを支持するのは、彼なら人種の壁を壊せるだろうと期待しているだけではない。彼の人格と理想に共鳴しているからなんだ」と全面的にオバマ候補を支持した。

5月6日に行われた民主党予備選では、オバマ氏がノースカロライナ州で、ヒラリー氏がインディアナ州でそれぞれ勝利した。指名争いは最終局面までもつれそうだが、代議員の数では依然としてオバマ優勢は変わっていない。

両陣営のキャンペーンが過熱さを増す中、「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」をもじった「The Empire Strikes Barack」というパロディビデオも出回っている。ダース・ベイダー(ヒラリー・クリントン)と皇帝(ビル・クリントン)が牛耳る“帝国”に、ルーク・スカイウォーカー(オバマ)が立ち向かうというもの。ヨーダとの絡みもあって、映画ファンには爆笑の内容になっている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース